スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンとエドワード・グライムズ、ドワーフ役のオーディションに!?(^∇^;

2009年12月11日 13:47



最初に。このブログを2年間やっていて、一番笑った(苦笑した)ネタです(^^;

海外オーディション番組の“本家”「The X Factor」(英ITV)の第6シーズンを大いに騒がせたジョン&エドワード・グライムズの2人が、『ホビットの冒険』に登場するドワーフの、フィーリキーリ(13人のドワーフたちの指導者トーリン・オーケンシールドの甥っ子たちで、仲間内で最も若い)役でオーディションを受けることになった、というものです。

何でも、ピーター・ジャクソン監督の身内が、彼らのマネージャーであるルイス・ウォルシュに打診してきたとのことで、上手く話が運べば、2人はPJとデル・トロ監督に会うためにロサンゼルスへ飛ぶことになるだろう、というのです。
「ピーターはジョンとエドワードに演技の才能があるかどうかを見たがっています。2人は映画に最適なルックスをしていますからね。彼らが演じるのは最も若いドワーフたちで、一行の偵察役として派遣されるんです。大きな問題は、彼らは興奮しがちで落ち着きがないので、こんな大作の撮影現場で落ち着いていられるかってことですね」とは、映画の消息通の弁であります(なんだそれ~!?)

ジョンとエドワード・グライムズは、イギリスのタレント発掘番組「The X Factor」のパフォーマンスで一躍人気者になった18歳の双子の兄弟です。
ディズニー映画『クリスマス・キャロル』のロンドンプレミアでも、主役のジム・キャリーやコリン・ファースらを完全に脇に追いやってしまう程の人気だったそうで、「Jedward」などという愛称も生まれ、彼らの人気はもはや社会現象とか。
今回の記事は、そんな中でイギリスのタブロイド紙 The Sun によって報じられたものですから、その信憑性は大いにギモンですが、それだけ映画『ホビットの冒険』に寄せる海外メディアの注目度は高いということで、週末の友人たちとの話のタネにひとつ(笑)
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。