スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜

2012年10月31日 12:59

10月31日(水) *ニュージーランド航空の『ホビット』タイアップ版安全ビデオ公開。
 制作にはWETAワークショップも協力。ピーター・ジャクソン監督もチラリと出演。 【AIR NEW ZEALAND】
エキストラにはこんな顔ぶれが…。

○ロイド・トールキンとマイク・トールキン(画面中央の座席の右端と真中)
名前から察せられるように、トールキン教授の曾孫さん(ロイド)とお孫さん(マイク)です。ロイドは『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』にも、ゴンドール兵士役(オスギリアスの場面)でエキストラ出演しています。
○フィーリ役のディーン・オゴーマン。
○そして、ピーター・ジャクソン監督。
*ニュージーランドにおける『ホビット 思いがけない冒険』の劇場公開日が12月12日に変更される。
 12月13日だった一般公開日を、地元のこの映画に対する関心の高さから12月12日12:01AM公開に早まったとTVニュージーランド。 【TVNZ】
10月29日(月) *ニュージーランド・ポストに、ビルボと13人のドワーフ登場。
 ウエリントン港に面したニュージーランド・ポストのビル(12階建て)の5階上部の台座に、WETAワークショップの設計による高さ6メートルに及ぶドワーフ13人とビルボの姿を切り抜いた合板が設置されました。夜になると巨大な照明装置からの光で、一行のシルエットが浮かび上がる印象的なインスタレーションになっています。
強風で知られるウエリントンのこと、この装置は140km/hの風に耐えられるように作られたとのことですが、それでも安全上6メートル以上の高さには出来ないことから、ガンダルフは断念されたのだそうです。
「莫大な好影響をもたらすであろうニュージーランドの首都で制作されたこの重大な映画を、公的な方法で祝いたかったのです」とニュージーランド・ポストのスポークスマン、サイモンアリソン氏。
ニュージーランド・ポストがデザインした『ホビット 思いがけない冒険』の記念切手や法貨記念コイン各種は11月1日から発売になります。 【WETA】 【facebook(Weta Workshop)】

10月27日(土) *オフィシャルムービーガイドから、ガラドリエル、ラダガスト他の未公開スチルが流出。
  11月6日発売予定の『The HobbitL: An Unexpected Journey: Official Movie Guide』から、エルロンド、ガラドリエル、それにラダガストのフルショットを始め、メイキング場面など複数の未公開スチルが、ヨーロッパ圏のファンサイトを中心に掲載されました。
同書からは画像の他に、アラン・リーとジョン・ハウのインタビューも転載されており、ドル・グルドゥアが三角形の幾何学形状をベースにデザインされていること、ゴブリンの街が空中に板を組んで構築されていることなどが紹介されています。 【HOBBIT FILM.it】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
10月26日(金) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の30秒TVスポット第2弾公開。 【YouTube(Warner Bros.)】

*ピーター・ジャクソン監督、スティーヴン・コルベア カメオ出演の噂について語る。
 プレイボーイ誌で『ホビット』ロケ現場訪問を語ってから、カメオ出演が噂される米俳優スティーヴン・コルベアについて、ENTERTAINMENT WEEKLYの記者がジャクソン監督に直接インタビューを試みています。それによりますと、PJはコルベア氏のカメオ出演については肯定も否定もしなかったとのことですが、
「ぼくの人生において、今までにあんなにすごいトールキンおたく(Tolkien fanatic)に会ったことがないよ。ぼくらの仲間ではフィリッパ・ボウエンがトールキンの専門家だけど、スティーヴンがセットを訪ねてくれたとき、トールキンクイズで1対1の対決をしてフィリッパに勝ったんだ」とか。 【EW.com】

*エンバシー・シアター、ドルビーアトモス システム導入へ。
 『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアが開催されるウエリントンのエンバシー・シアターでは、10月23日に48fpsフォーマットでの上映が明らかにされたばかりですが、音響についても最新技術のドルビーアトモスを導入するとThe Dominion Postが伝えています。このシステムのために従来のスピーカーとは別に天井に20個の専用スピーカーを設置するとのことで、この工事のために11月5日から9日まで休館を予定しています。 【The Dominion Post】

*東急レクリエーション、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版公開決定を公式発表。
 株式会社東急レクリエーションが運営する109シネマズのIMAXデジタルシアターは、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版の公開を決定したと、同社のプレスリリースにて。12月14日より全国7箇所のIMAXデジタルシアターにて公開となります。 【PR TIMES】

*ウエリントン国際空港に巨大ゴラム出現。
 11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアに合わせて、ウエリントン国際空港の内部に、巨大なゴラムの彫刻がセットされました。WETAワークショップのリチャード・テイラーとロブ・ギリースによって設計されたポリスチレン製のゴラムはおよそ13メートル、流れの中に泳ぐ4メートルの魚に手を伸ばしています。
「この彫刻は、ワークショップがもつ芸術的、工芸的手腕の全てを投じた、私たちが作り得る最高の種類のものです」とサー・リチャード・テイラー。「この地域に訪れた人々の最初と最後の印象に深く残る素晴らしい彫刻とWETAの仕事を、空港は誇りに思います」とウエリントン空港最高責任者のスティーヴ・サンダーソン氏。 【WETA】 【NZ Herald】
10月25日(木) *「スマウグは第1部にも登場」ジャクソン監督、EMPIRE誌に語る。
 24日発売のEMPIRE12月号に掲載された、ピーター・ジャクソン監督へのインタビュー記事から。
それによりますと、スマウグは第1部のプロローグに登場し、闇の森のクモたちとビルボのシチュエーションは第2部になるとのこと。そして、ドル·グルドゥアの牙城に死人占い師の姿を見ることが出来るのも第2部になるとのことです。 【COMIKBOOK MOVIE】

*『ホビット 思いがけない冒険』劇場用スタンディーの画像をTORnが公開。
 映画館のロビー等に置かれるスタンディー(standee:宣伝用の段ボールの等身大切抜き)の画像を、トールキンファンサイトのThe One Ring.netが公開。劇場に設置される日にち等詳しいことは分かりませんが、公式スタンディーとのことですので、日本でも近々見ることが出来ると思われます。 【TORn】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜 ]の続きを読む
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。