スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー~プレミア編~(後編)

2008年09月15日 17:25

9月8日に投稿した記事の後半になります。
『ホビットの冒険』についての目新しい情報は特にありませんが、ギレルモさんの撮影スタイルと、現場での雰囲気が伺える内容になっております。(Source

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

『ヘルボーイ2』のまた別の場面では、『スター・ウォーズ』と『メン・イン・ブラック』の酒場シーンを思い出させます。異様なクリーチャーが無頓着に一般市民と混じっているのですから。同様に、ヘルボーイと彼の同僚がブルックリン大橋の下のトロール・マーケットを散策している間も、奇妙なクリーチャーが辺りをうろついています。
「マイク(*ミニョーラ:コミック原作者)は酒場シーンに物言いたげだったけど、僕は何か違ったことがしたかったんだ。背景に彼らがいることによって、よりエキストラっぽく、リアルな感じになるからね」

セットでは、彼が頭の中で構想したショットが撮れるまで、長い時間を費やします。
3~4テイクで終わることは殆どなく、必要に応じて12テイクに至ることもあるのです。
「僕は相当な偏執狂さ。僕にはいつも思い描くヴィジョンがあるんだ。それが現れるまで撮り続けるのさ」

「実際、彼は『ヘルボーイ』の時より沢山テイクを重ねたわね」と、ヘルボーイのガールフレンド、リズ・シャーマンを演じたセルマ・ブレアーは語ってくれました。
「監督は自分が求めることに対して、決してシャイじゃないわ。それでも、誰もが彼を尊敬しているのよ。自分たちは、今世界で最も卓越した監督のうちの一人と働いているんだ、という雰囲気がセットの中にあるの」
ジェフリー・タンバー(*『ヘルボーイ』シリーズで官僚トム・マニングを演じた俳優)は更に、
「彼は望むものに対して、強い意識を持っている。でも、セット内の雰囲気は決して厳しいものじゃない。僕たちはしばし大笑いしたもんだ。彼は特に照明と特殊効果に労を惜しまない。でも、後で映画を観た時、そのことに感謝することになるんだよ」

しかし、そのような完璧さは、決して代価なしでは成し得ません。
撮影期間は長く、故郷からは遠く(『ヘルボーイ』はプラハで、『ヘルボーイ2』はブダペストで撮影されました)、特に俳優のロン・パールマンをうんざりさせました。ホーンや『ヘルボーイ』の他のキャラクターになることは、彼の心身を疲れさせて、毎日撮影するのが難しいこともありました。
「彼は特別、特殊メイクや着ぐるみが好きって訳じゃないと思うね。だけど、演じる役と僕との仕事が好きだからやってくれてるんだ」
とデル・トロは言います。
「時には、6時間かけてメイクして、その後10時間撮影することもあるんだ。僕たちには15年間に及ぶ友情が存在する。互いに率直で、そして残忍でもあるのさ」

デル・トロはこの夏、以前と比較にならない程慌ただしく動き回っています。
『ロード・オブ・ザ・リング』の前章にあたる『ホビットの冒険』の製作が始まるのです。
この大作映画の将来についての長年の“お喋り”の後、プロデューサーのピーター・ジャクソンとニューライン・シネマは、トールキンの古典に基づく2つの映画を、デル・トロが監督することになったと公式に発表しました。2番目の映画は、『ロード・オブ・ザ・リング~第一部:旅の仲間』に直接繋がる物語になります。
[デル・トロ監督インタビュー~プレミア編~(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

マカヴォイ、「ビルボはイアン・ホルムに演って欲しいです!」

2008年06月17日 23:16

先週、ビルボ役の噂を否定したものの、未だ世界中のファンの熱い視線から逃れられないジェームズ・マカヴォイさん、MTVのインタビューに、こんなふうに答えています。

「僕は中つ国で繰り広げられる全ての“トールキン・サーガ”が大好きなんだ。でも、彼ら(『ホビットの冒険』の制作関係者)からはまだ何のアプローチもないんだよ」

では、ビルボ役には誰が適任だと思うかという質問に対して彼は、

「イアン・ホルムさ!彼がまた戻るかどうかは知らないけど、彼が演じるべきだよ。ホルムが僕の本命だな、彼は卓越した俳優だからね!」

・・・そりゃそうなんですけど、80近い年齢の彼に、中年域に差しかかったあたりのビルボを演じて頂くのは、ちょっと無理があるんじゃないかと。
『ロード・オブ・ザ・リング』で久しぶりに会ったビルボを、「全然変わっとらん」とガンダルフは驚いていましたが、そのシーンの撮影からも既に10年。ビルボはともかく、現実のホルムさんは“一つの指輪”を所持しておられないと思いますぞ (^.^)σ○


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
マカヴォイ=ビルボ、お客好きでおもてなし上手なところはまんま“タムナスさん”風で、冒険を経て精悍な顔付きになったところは、新作『ウォンティド』風に(スチールしか見てないけど)と、ワタクシも色々夢見ております(^-^)
今年ももう、なんのかの言って半年過ぎようとしてますもの。クリスマス(の主演俳優発表)なんてあっと言う間ですよ~♪

ジェームズ・マカヴォイ、ビルボ役の噂を否定!?

2008年06月13日 23:27

12日夜にロンドンで行われた、新作映画『ウォンティド(Wanted)』のプレスリリースの際、同映画の主演俳優でありますジェームズ・マカヴォイ氏、ビルボ役の噂について記者に問われ、次のように答えたとのことです。 (Source:Collider.com

「そのような事実はまったくありません。それは全てインターネット上の噂にすぎませんね、申し訳ないですが」

マカヴォイの名前が浮上してから半月余り。『ホビットの冒険』の主役として望むべくもない有能な俳優さんですし、自分的にも何となくマカヴォイ版ビルボのイメージが出来上がってきたところでしたので、ちょっぴり残念です。
しかしまぁ、ビルボ役については今年中に正式発表があるとのことですから、デル・トロ監督からのクリスマス・プレゼントをおとなしく待つことにしましょうか?
でも、そのギレルモさん自身が、最初はウワサを否定しながら、結果やっぱり監督として正式発表がなされたイキサツを思うと、どうも素直に信じられない勝手なファン心理であります。今後も彼についての情報は、おっかけていきたいと思います。

ところで、欧米では来月から公開予定の『ウォンティド』。
マーク・ミラーの同名コミック・シリーズが原作のSF映画とのことですが、日本でのニュースでは必ずといっていいくらい“アンジェリーナ・ジョリーの新作映画”との見出しで紹介されてましたもんね。
欧米での知名度は日本よりはずっと上とはいえ、ビルボ役候補でいきなり時の人となってしまったジェームズ君、記者の質問に苦笑する顔が目に浮かぶようです(^-^;
それだけLotR3部作が偉業であったということなんだなぁと(いまだに映画の出来に文句言い言い)しみじみ思うアタシなのでありました★

ビルボ役の正式発表はクリスマス頃!?

2008年06月05日 19:32

こちらは、ギレルモ・デル・トロ監督が、巷を賑わしているビルボ役の噂について、イギリスのIGN.comのインタビューに答えたものです。それによりますと、
「ジェームズ・マカヴォイにせよ、ジャック・ブラックにせよ、またダニエル・ラドクリフにしたところで、まだ何も決まっていないんだ。だから、心配することも祝うこともないんだよ。でも、6ヶ月先には皆が知るところとなるだろうね。僕たちは、キャスティングのニュースをクリスマスのプレゼントにしたいと頑張っているんだ」とのこと。

デル・トロ監督は以前、「キャストの発表は来年」と発言しておりましたが、意外と早く主だった配役を知ることが出来るかもしれませんね。
ちなみにIGNのUKオフィスは、「断固マカヴォイを支持」だそうですが・・・・・皆さまのイメージするビルボはどんな役者さんでしょうか?

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
キャストの発表、ホントに楽しみですね!PJとデル・トロ監督の顔の広いところで、すご~く豪華なカメオ出演が実現したら!なんて空想するのもファンの悦びの一つですよね♪

ジェームズ・マカヴォイ、ビルボ・バギンズになる?????

2008年05月30日 23:02

昨日、デル・トロ監督とピーター・ジャクソン監督はビルボ役の俳優について意見が一致しているというEmpire発のニュースをお伝えしましたが、早々に主演俳優についての情報がリークされたのでしょうか? ギリスのタブロイド紙、デイリー・エクスプレス(Express.co.uk)によりますと、その最有力候補として、ジェームズ・マカヴォイの名前が上がっております。

ジェームズ・マカヴォイはスコットランド出身の29歳の若手実力派俳優で、『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナスさん(末娘ルーシィが最初に出会う優しいフォーン)役で国際的に知られるようになりました。
日本でも現在公開中の『つぐない』の演技で、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)にノミネートされ、ロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞するなど、今後の活躍が大変期待される役者さんです。
マーティン・フリーマン同様、一見ちょっと気弱な市井の人、でも実は内にキラリと光るものを秘め・・・てカンジが、ビルボ役には結構いけるかも♪と思います。

しかし・・・!同ソースによりますと、“(リストの)名前の中にはダニエル・ラドクリフジャック・ブラックも含まれていた。しかし、映画のボスたちが本当に欲しているのはジェームズ(マカヴォイ)である”とありまして・・・(^o^;
ど、どこまで信用したものやら(ジャック・ブラックのホビットって・・・・・MTVアワードのアレを思い出すよね。>あ、あれでもエルフだった(笑)
ま、ちょっと?眉唾モノではありますが、こういうの出てくると「ああ、お祭り盛り上がってきたよな~♪」と楽しくなる不謹慎なアタシなのでした。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。