スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2013年6月前半〜

2013年06月16日 22:32

6月15日(土) *『ホビット』オープンセットで火災発生。
 6月15日午後5時頃(現地時間)、ミラマー半島クロフォード山に建設されている『ホビット』のオープンセットで火災が発生しました。セット内の発電機トラックが発火し、照明用のクレーンを巻き込んで炎上。火は駆けつけた消防隊によっておよそ20分後に消し止められました。
この場所には『ホビット 思いがけない冒険』のプロローグでスマウグによって焼き払われた後の、荒廃した谷間の国のセットが組まれていました。TVNZでは、夜間撮影のために使われていたとも伝えています。また、怪我人は出ていないとのことです。
ピーター・ジャクソン監督のスポークスマンであるMatt Dravitzki氏によれば、消火後も撮影は継続して行われたとのこと。その日はセットでの撮影の最終日で、翌日からはスタジオでの撮影に戻る予定になっていました。
また、 Dravitzki氏は、「スマウグがセットに火をつけたと話す予定だったんだ」とも語ったそうですが、ジョークが言える程度の火災で何よりでした。 【stuff.co.nz(第1報)】 【stuff.co.nz(第2報)】


『ホビット』のオープンセット(火災前) photo: Fairfax NZ

*サー・イアン・マッケラン、「PJは『スマウグの荒らし場』はシリーズの最高傑作になるだろうと言った」と発言。
 2010年9月に発生したクライストチャーチの大地震で崩壊し、再建の為のチャリティー公演を行ってきたアイザック・シアター・ロイヤルの修復工事現場を訪問したサー・イアン・マッケラン。そのインタビューの中で、「PJは先日、『スマウグの荒らし場』が、LotRとホビットシリーズ計6本の中で最高になると言っていた」と発言しています。 【3News】
6月14日(金) *『スマウグの荒らし場』サントラのオーケストラ編曲に、コンラッド・ポープとクリフォード・J・タスナー参加の噂。 【The Music of LotR Films】 【Peter Jackson Spain】
6月12日(水) *予告編を見るファン動画と、それを見たエルフ役スターたちのリアクション動画が話題に。
 『ホビット スマウグの荒らし場』の第1予告編を、解禁時間前からPC前に待機して待つ、大のトールキンファンであるケリーとアレックス姉妹の自撮り動画がYoutubeにUPされました。
初公開映像に歓喜するリアクションが何とも可愛らしいこの動画は、ピーター・ジャクソン監督の目に留まるところとなり、PJは翌12日、撮影の休憩中にその動画を見たエヴァンジェリン・リリー(タウリエル役)とオーランド・ブルーム(レゴラス役)、それにリー・ペイス(スランドゥイル役)の3人のリアクション動画を、自身のfacebookにて公開しました。
姉妹の反応に、こちらも負けずに大喜びのスターたちの表情をとらえた動画は、姉妹の動画とともに大評判になり、ネットを賑わすことになりました。
また、スランドゥイル役のリー・ペイスの衣装は、今回の予告編でも『ホビット 思いがけない冒険』でも見ることのなかった鎧姿で、「五軍の合戦」のための衣装ではないかと、こちらも話題になりました。 【facebook(Peter Jackson)】 【stuff.co.nz】(姉妹の紹介記事) 【Daily Mail】(まとめ記事)
6月12日(水) *『ホビット スマウグの荒らし場』日本版予告編公開。
 ワーナーエンターテイメント ジャパンは、『ホビット スマウグの荒らし場』の日本版(日本語字幕入り)予告編を公開しました。また、公開日は2014年3月の春休みロードショーとなったことを伝えました。
2012年1月に正式決定された日本版のタイトルは『ホビット スマウグの荒らし場(原題)』とされ、邦題を再検討しているこを伺わせます。
公開時期をずらして他の話題作との衝突を避けると共に、原作を読んでいないと今ひとつ意味不明の邦題を、ストレートでインパクトのあるものに変更しようと考えているのかもしれません。 【Twitter(ワーナーエンターテイメント ジャパン)】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年6月前半〜]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年3月

2013年03月31日 23:59

3月31日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』3月末の世界総興行収入は10億1千6百万ドルに。
 3月31日現在のアメリカ国内の興収は$302,849,493、海外興収の総額は$714,000,000。 【BOX OFFICE MOJO】
3月30日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』主題歌、エド・シーラン担当の噂。
 イギリスの若きシンガーソングライター エド・シーランは、ニュージーランドのパーク・ロード・ポスト・プロダクションを訪問&対談。ピーター・ジャクソン監督に作中で使用した剣をお土産に貰い、シーランはPJのお嬢さん(ケイティさん)にギターをあげたのだとか。彼はこの訪問をアメリカのTV番組にげすと出演した折、「自分のキャリアの中で最もクールな体験」と語っており、彼が第2部の主題歌を担当するのではと噂になっています。 【Express】
3月29日(金) *トールキン・エステート、LotRスロットマシーン訴訟において、WBの反訴を却下するよう裁判所に依頼。
 LotRスロットマシーンをめぐる訴訟(記事内の3月11日の項をご参照下さい)について、ソウル・ゼインツ・カンパニーとワーナー・ブラザーズ双方から反訴されたトールキン・エステートは、「拒否もしていないし、義務の不遂行を責めているのでもない、単に契約の範囲の問題だ」として、3月27日に判事に反訴の却下を求めました。 【THR】
3月24日(日) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー開催。
 ブルーレイ/DVD購入者・予約者のみに限定した(日本では抽選制となりました)ピーター・ジャクソン監督がホストを務めるライブイベントが、24日15:00 EST(日本時間 25日4:00)から、およそ1時間に渡って開催され、『スマウグの荒らし場』の舞台となる闇の森や湖の町でのメイキングシーンや、9つの指輪を所持していた人間たちの王の墓を確かめるガンダルフなどの映像が初公開されました。また、ジャクソン監督は、Twitterやビデオレターで寄せられたファンの質問にも答えました。
編集されたライブ配信番組は、3月27日より5月下旬まで、配布されたアクセスコードの所持者のみ見ることが出来ます。 【THE HOBBIT.com】
《追記》編集版は作業の遅れで、3月28日(日本時間29日)からの公開となりました。

*ジェイムソンEMPIREアワード2013で『ホビット 思いがけない冒険』2部門受賞。
 イギリスの代表的な映画雑誌EMPIREが主催するジェイムソンEMPIREアワード2013で、『ホビット 思いがけない冒険』は、SF/ファンタジー賞及び、主演男優賞(マーティン・フリーマン)を受賞しました。
授賞式では、マーティンの他にガンダルフ役のサー・イアン・マッケランも登場し、スタッフ・キャスト全員を代表して、SF/ファンタジー賞のトロフィーを受け取りました。3Dアート賞、監督賞、作品賞はノミネートに終わりました。 【EMPIRE】

3月19日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVD、北米で発売開始。 【facebook(The Hobbit)】
3月14日(木) *『ホビット』に助成金の価値あり?ニュージーランド国民の評価分かれる。
『ホビット』の撮影をニュージーランドで実現させるために、政府がワーナー・ブラザーズに対して2500万NZドル相当の免税を行い、雇用法の改正を行っただけの価値が国にとってあったかどうか、UMRリサーチが18歳以上のニュージーランド人1000人を対象にアンケート調査を実施しました。その結果、「価値があった」との回答が42%を締め、「価値がなかった」とする回答38%を僅差で上回りました。「価値あり」と答えたのは女性よりも男性に多く、高年齢層、高所得者ほど支持する傾向にあったとのこと。
また、『ホビット 思いがけない冒険』の10億ドルヒットを受けて、ワーナー・ブラザーズは助成金をNZ政府へ返済すべきだと考えている人は全体の70%にのぼり、「返済の必要なし」と考えている人の19%を大きく上回りました。 【tvnz】 【UMR RESEACH】



3月12日(火) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビューに際して、ファンからの質問を募集。
 3月24日 15:00 EST(日本時間 25日4:00) からの『スマウグの荒らし場』のライブイベントにおいて、ピーター・ジャクソン監督への質問ビデオを一般募集。投稿はこちらから→ 【facebook(The Hobbit)】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年3月]の続きを読む

ビルボと13人のドワーフ役俳優が集結!ウェリントンで記者会見

2011年02月12日 09:22



『ホビットの冒険』の撮影開始日が正式発表されたことを受けて、ビルボ役のマーティン・フリーマン、それにトーリン役のリチャード・アーミテージを始め13人のドワーフ役俳優たちが一堂に会し、2月11日午前、ウェリントンのパークロードスタジオで記者会見を行いました。 【Source:Dominion Post3News(2/11AM)、NZ Herald3News(2/11PM)、TORnWellington Nz.comStuff(2/12)】

2月3日にウェリントン病院を退院したばかりで“自宅軟禁中”(本人弁)のピーター・ジャクソン監督は、残念ながら欠席となりましたが、司会者が次のような彼の声明を読み上げて会見は始まりました。
「この会見に出席出来ないことをとても残念に思っています。でも、正直言ってこれで良かったのでしょう。ここにいる連中はわたしを激しく笑わせるので、手術の縫い目が破れる危険がありますから」

サー・PJがそう予見したように、会見は終始ジョークが飛び交い、笑い声の絶えない賑やかなものとなりました。
マーティン・フリーマン他13人の俳優たちは、およそ4週間前に既にウェリントン入りしています。彼らは映画のためにスポーツ・ジムに通い、乗馬や殺陣の稽古、それに役柄別の発音練習などを受けており、既に“ファミリー”な間柄になっているようです。

「13の異なった強い個性の集まりだが、それでいてわたしたちはアンサンブルなんだ」
とビフール役のウイリアム・キルシャーとグローイン役のピーター・ハンブルトンは、ドワーフ役の仲間たちについて言いました。
「すごい奴らの集まりだよ。すっかり一つの群れの仲間のように感じているんだ。全員が癖のある連中だが、皆仲良くやっているよ」
オイン役のジョン・カレンも、彼らの一体感はドワーフ役の俳優にとどまらないと言いました。
「一緒にいるとき、わたしたちはグループなんだよ。一つの存在というかね。それはわたしたち役者に限ったことではなくて、クルー全てに言えることなんだ。この映画に取り組んでいる何百人もの人々に会ったけれど、一人として“ぼんくら”はいなかったね。マーク・ハドロー(ドーリ役)を除いてね」

また、ハンサムな顔にひげと髪とを長く伸ばし、既にドワーフ然とした容貌になっているキーリ役のエイダン・ターナーは、13人のドワーフたち一人ひとりが個性的で異なった容貌となるように、顔ひげのボリュームまで調節中だと語りました。
既にLotR3部作で樹脂による特殊メイクを体験しているノーリ役のジェド・ブロフィーは、
「顔ひげはチェック中で、顎ひげは今日出来上がってきたんだ。おかげでそれぞれ見分けがつくようになったよ。やっとぼくらしくなれて嬉しいね。あとは死なずにこの映画を乗り切ることが出来るよう望んでいるよ。ああ、恐ろしい!」と、かつてギムリ役のジョン=リス・ディヴィスを悩ませたドワーフの特殊メイクについて冗談めかして言いました。

そして、映画化発表からクランクインまで3年以上かかり、スタジオの財政難や俳優協会のボイコット運動など様々な問題に悩まされた『ホビットの冒険』には、“指輪の呪い”がつきまとっているのではないかとの、記者団からのいささか意地悪な質問に対しては、
「いいや!おかげで大量のラテックスをまだ身につけなくてすむから、これからいくつかの週末を楽しむことが出来るしね!」とドワーフ役の面々。マーティン・フリーマンに到っては、
「それに由来する(いささか滑稽な)ある種の不運が付きまとったけれど、ぼくたちはそれについては楽観視しているんだ。2015年過ぎにはただちに撮影にとりかかれるよ。ぼくたちはここにいて、準備万端だからね」
とちょっぴりキツいジョークを飛ばしておりました。

さて、主役を務めるフリーマンは、ビルボ役のオーディションテープを送ったものの、BBCのTVシリーズ『シャーロック』とのスケジュールが重なって出演できないことを、大変危惧したと記者たちに語りました。
また、ビルボ役を生涯一度の大役と考えていおり、出演が叶ったことを「大いに喜んでいる」とも言っています。
LotR3部作でイアン・ホルムが演じたビルボ・バギンズというキャラクターを、今度は自分が演じることについては、
「勿論、サー・イアン・ホルムが映画で成し遂げたことを見ているよ。ぼくは彼の演技をよく見て、だけど一方でそれを忘れる必要があるんだ。彼が彼の声と動きとで成したことを見た上で---自画自賛も、心にもない謙遜な言葉も言うつもりはないから---ぼくはかなり彼とマッチしていると思うんだ。ぼくは彼を真似て理解すると共に、ぼく自身であらねばならないんだ」と語りました。

またフリーマンはサー・ピーター・ジャクソンを賞賛して、
「彼はクロイソス(*リュディア王国の最後の王)のように裕福で、沢山のオスカーを受賞しているにも拘らず、すごく“普通”なんだよ。ぼくが言いたいのは、ヒップでもクールでもなくて、仰々しくまっとうであることを演じている人間とは対照的に、気さくで普通の感覚、普通の好みをしてるってことさ。
PJはスターじゃなくて専門家なんだ。もし12歳の彼を知っていたとしたら、基本的に彼は今も同じで、熱心家だという感じがすると思うな。このプロダクションに愚か者はいないし、そんな人間がトップであるのを望む者もいないんだよ」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

こうして、いずれ劣らぬ実力派揃いの13人のドワーフ役俳優全員が顔を揃えると、何とも壮観なものですね。(記者会見のフルムービーは3Newsで、また音声ファイルはTORnで視聴出来ます)
機関銃のように喋りまくる陽気なジェームズ・ネスビット(ボフール役)とウイリアム・キルシャー。若いのに思慮深げなロバート・カジンスキー(フィーリ役)や、辛辣なジョークを飛ばすシニカルなジョン・カレン。今をときめく人気スターなのに意外と口数少なく、たまに話す一言が厳粛なイメージのリチャード・アーミテージ etc...。
そして、小説の中のビルボその人のように、ウィットに富んだ語り口で聴衆を魅了するマーティン・フリーマン。スクリーンでの彼らパーティのやり取りが目に浮かぶような、興味深い会見でありました。

新たに2人のドワーフキャスト発表!ジェームズ・ネスビットはボフールに!

2010年11月02日 20:07

『ホビットの冒険』の主要キャラクターのうち、新たに2人の配役発表がありました!
ボフール役にジェームズ・ネスビット、オーリ役にアダム・ブラウンが決定。ドワーフのパーティに新たなメンバーが加わりました!

 Cold Feet: Complete Series 3 [DVD] [Import] (2005/07/26)
 James Nesbitt/Helen Baxendle
(ロサンゼルス:2010年11月1日)
イギリスで最も愛されている俳優の一人であるジェームズ・ネスビット(『ミリオンズ』、『Cold Feet』)は、映画『ホビットの冒険』のアンサンブルに加わる最新キャストであると、ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーが、本日連名で発表しました。

ネスビットは、人懐っこく率直で、愉快で、それでいて時折驚くほど勇敢なドワーフのボフールを演じます。監督のピーター・ジャクソンは次のようにコメントしました。
「コメディからドラマティックな役柄まで幅広くこなす俳優であるのと同様、ジェームズの魅力、優しさと機知はよく知れ渡っています。私たちはキャストの一人として彼を迎え入れることが出来て、本当に運が良いと感じています」

新人のアダム・ブラウンはオーリを演じます。彼は悪竜スマウグから、はなれ山を奪い返そうとするドワーフの仲間の一人です。
「アダムは素晴らしく表現力の豊かな俳優で、スクリーンの中では独特の存在感を放ちます。わたしは、彼がオーリに生命を吹き込むのを見たいのです」 【Source:The One Ring.net



ジェームズ・ネスビット氏については先月初め、「『ホビット』の主要な役を演じるために、家族と共にニュージーランド移住の予定」とPEOPLEがすっぱ抜きましたが、噂は本当でしたね。氏の略歴は下記の通りです。

■ボフール
ジェームズ・ネスビット(James Nesbitt)
1965年1月15日生(45歳) 北アイルランド コールレーン出身
〔出演作〕『Cold Feet(TV)』(1997-2003)、『ブラディ・サンデー(TV映画)』(2002) 、『ミリオンズ』(2004)、『ジキル(TV)』(2007)他


*グラマースクール在学中はフランス語教師を目指していたが、学校演劇で芝居に目覚め、地元のリバーサイド劇場で見習いを経て、ロンドンの演劇学校 Central School of Speech and Drama(CSSD)に学ぶ。CSSDを1987年に卒業後、7年間舞台を中心に活躍。1991年に『Hear My Song』で本格映画デビュー。
Granada Television制作の恋愛コメディ『Cold Feet』のアダム・ウィリアムズ役で大ブレイク。同作品でBritish Comedy Award他多数の演技賞を受賞しました。
その後の活躍は目覚しく、『Pig』(1998)で Screen Actors Guild Award ノミネート、『ブラディ・サンデー』で British Independent Film Award 受賞、最近では『ジキル』でのトム・ジャックマン博士とハイド氏の二重人格演技でゴールデングローブ賞候補となるなど、コメディから重厚な社会派ドラマまでこなすイギリスの名優です。また、2010年3月にはアルスター大学の総長に任命されています。

なお、新人のアダム・ブラウン(Adam Brown)氏については、まだIMDb等にもデータが出ていない状態です。(TORn には顔写真だけUPされています) 略歴等明らかになりましたら、おって当Blogでも掲載させて頂きますね。
前回の発表から11日。残る3人のドワーフたちと、主要キャラクターの配役発表が待ち遠しいです!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。