スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイク・ミニョーラ、『ホビット』のデザインに参加!

2009年01月24日 15:53


サンダンス映画祭でのデル・トロ監督のインタビューから続報です。
と言いますか、19日の記事で紹介したMTV Movies Blogの記事が、もう少し詳しい内容を伴って改めてMTV Newsに掲載されましたので「補足」であります。

デル・トロ監督は、MTVの取材で『ホビットの冒険』の進行具合について質問され、(以前から何度か監督の口に上ってはおりましたが)コミック作家で『ヘルボーイ』シリーズの生みの親であるマイク・ミニョーラが、デザイナーとして参加することを明らかに致しました!

「僕たちはWETAで、ジョン・ハウ、そしてアラン・リーと一緒にデザインとスケッチをやっているところなんだ。じきにマイク・ミニョーラもくるよ。彼はデザインチームに加わるんだ。この2~3ヶ月のうちに、WETA外部からやる気に溢れたデザイナーたちがやってくることになっているんだよ。でも僕たちは既に、実に強力で興味深いクリーチャーをいくつかデザイン済みなんだ」

ジョン・ハウ+アラン・リー+マイク・ミニョーラ、それに勿論、デル・トロ監督自身も相当拘りのある“絵描き”であります。これらの個性が合わさって出来上る『ホビットの冒険』のヴィジュアル世界……うっわ~!これはLotR以上に楽しみでありますね。ちょっと想像つかないところが(笑)
デザインからシナリオの方へ話が移ると、デル・トロ監督は詳しい進行状況を語ることを嫌ったとのことですが、現段階の彼の最も重要かつ大きな仕事であることは間違いありません。

「僕たちは今、アウトライン(概略)に取り組んでいるところだよ。カードに書いたもの(*監督のカードを使ったシナリオ作法については、昨年10月27日及び11月3日の記事をご覧下さい)を、肉付けする作業だね」

ちなみに、キャスティングはまだ本当に初期段階で、先日お伝えした通り、主役のビルボ・バギンズ役には4人の候補が上がっているとのことです。

「でも、その誰ともまだ話をしてないんだよ。他の(役の候補の)俳優たちとも話さないようにしているんだ。何も確定していないうちから会って話すのは、良くない方針だと思っているからね」

そして、ワタクシを含め、トールキンファンの最大の関心事はおそらく、『ホビットの冒険』と『旅の仲間』の間を繋ぐとされる2番目の映画がどのようなものになるかということですが、そのタイトル等について訊かれたデル・トロ監督、いつものジョークを飛ばしておりました(^^;

「今ここで何か喋ってしまうとね……いるんだよね、そこの道の向かい側に狙撃者(スナイパー)が」

あ、お約束…(笑)

スポンサーサイト

サンダンス映画祭2009にて:ドミニク・モナハン編

2009年01月20日 22:58


さて、今年のサンダンス映画祭の会場で確認された(1月20日現在)LotR卒業生には、主人公フロドを演じたイライジャ・ウッド(写真はコチラ)と、そのホビット仲間のメリーを演じたドミニク・モナハンがいます。
モナハンは、映画祭初日に上演された『I Sell The Dead』(監督:Glenn McQuaid)で、主人公の墓荒しを演じており、そのプロモーションのために会場入りしておりました(ちなみに、デル・トロ監督お気に入りのロン・パールマンが武骨な神父役で共演とか)

お馴染みTORnのインタビューに応じたモナハン、「2010年にニュージーランドをぶらつきたいですか?」という質問に対して、
「それは、ピーター・ジャクソンに訊くべき質問だね。でも、そうしたいね。依頼があれば応じるさ!ピーターとギレルモの為なら何でもするよ。勿論、シナリオの問題があるけどね」とのこと。

彼は『ホビットの冒険』が『旅の仲間』以前の出来事であることに言及しましたが、それでも2本の映画のどこかに、LotR3部作出演者の登場シーンが、ほんの短いカットであっても存在するのではないかと考えているようです。

翌日のMTVのインタビューには更に積極的に答えて、
「LotRファンは本当に4人(のホビット)が中つ国に戻ってくるのを待ち望んでいるんだ。そして、僕たちはその可能性が大いにあると思っているよ。勿論、『ホビットの冒険』の原作に4人のホビットたちは登場しない。それでもボスたち(PJ&GDT他製作陣)は、LotR3部作でのファンの支持を心底感謝しているんだ。だから、ファンによく知られ愛されているキャラクターは、出来る限り(『ホビットの冒険』又はその続編に)登場させたいと考えている筈なんだ。(中略)
僕はメリーであることを引退するつもりはないよ。僕に当時と同じメリーが演じられるかどうか心配しているね?でも、一旦ホビットの足とホビットの衣装をつけたなら、役に戻ることはとても簡単だと思うんだ。
LotR3部作の時は、メリーを11歳の男の子のつもりで演じたんだ。この役のために再び童心を呼び覚ますことは、そんなに大変なことじゃないさ」

と出演への熱意を明らかにしました。
「僕はピート(PJ)とフラン(ウォルシュ)、それにフィリッパ(ボウエン)と、僕たちが復帰する件について話したんだ。最初の『ロード・オブ・ザ・リング』3作のファンも、きっとこの世界に戻ることに魅せられる筈さ!」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

う~ん・・・・・・、ドムや他の3人のホビット役がどうのと言うより、ギレルモ監督には、前作のキャラクターや役者たちには拘らず、骨太な脚本でもって、己の世界観にとことん拘った映画を作ってくれることの方が、本当の意味でLotR3部作を支持してきた我々ファンの思いに応えることになると思いますし、そうしてくれるものと信じております。

サンダンス映画祭2009にて:GDT編

2009年01月19日 23:55

インディペンデント系映画の世界最大のイベント、サンダンス映画祭が、今年も1月15日から米ユタ州パークシティで開催となりました。
今年で25回目を迎える同映画祭ですが、世界的な不況の中、例年より静かなマーケットとなっているとのことで、オファーが殺到するような作品は見られず、バイヤーたちも買い付けにはかなり慎重になっているようです。

がしかし!、そんな会場の雰囲気はノープロブレムとばかり、どこまでも陽気でハイテンションなアミーゴ4人組が・・・!(>いえ、ワタクシの主観ではなく、ソースの記者さんがそんなふうに書いているんです(笑))
サッカーをテーマにしたコメディ映画 『Rudo y Cursi』 を引っさげて映画祭に乗り込んだメキシコ映画界の大物たち---監督と脚本を担当したカルロス・キュアロン、主演男優の一人のディエゴ・ルナ、そして同作のプロデューサーで自身も映画監督であるアルフォンソ・キュアロン(*カルロスの兄)、そして同じくプロデューサーとして名を連ねているギレルモ・デル・トロその人であります。

16日の夜、ワインがふんだんにふるまわれたディナーの後、車に乗り込む4人の馬鹿騒ぎっぷりが、EW.comにUPされております(ムービーのカメラマンはEW誌の記者さんのようですね。ちなみに、「我々は誰も飲酒運転をしませんでした。まったく素面の運転手によって運転されました」と後日わざわざ更新されていましたですよ☆)
デル・トロ監督、仲間の3人に、「ギレルモはニュージーランドでピーター・ジャクソンと一緒に『ホビット』のシナリオを書いてなきゃいけないのに、放ってきたんだぜ!」てなこと言われてからかわれております。
この記事で『ホビットの冒険』に関係する部分はそこだけ(笑)なんですが、妙に可笑しかったので御紹介。

そのギレルモ監督、映画祭の会場ではやはり『ホビットの冒険』に関する情報を知りたい記者たちに追い掛け回されていたようですが、これでなかなか口が堅い。
MTVによるインタビューで、『ホビットの冒険』の続編のタイトルやキャスティングについて問われた監督。リポーターが何とか聞き出すのに成功した情報は、監督の胸の内では、ビルボ・バギンズ役の俳優は4人の候補に絞られているということのみでありました。その中に、以前噂になったジェームズ・マカヴォイやダニエル・ラドクリフ等の名があるのか否かは全く不明であります。

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
昨年も沢山のコメント、有難うございました(^-^) こちらこそ、今年も宜しくお願い致しますね。
サーのガンダルフについての見解が正しいか否かはさておき(笑)、観衆の心を一瞬で掴んでしまう堂々たる話しっぷりとカリスマ性は凄いですね。
『ホビットの冒険』で、LotR3部作とはまた違ったガンダルフの顔が見られることを、本当に楽しみにしています♪


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。