スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年4月

2013年04月28日 18:18

4月25日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』劇場上映終了。総興行収入は10億1700万ドルに。
 2012年12月14日に世界同時公開された『ホビット』3部作の第1作目は、19週133日に及ぶ劇場上映期間を終了し、10億ドルヒットを記録した史上15番目の映画となるなど、シリーズの成功を占う上で幸先の良いスタートとなりました。
4月25日までのアメリカ国内の興収は$303,003,568、海外興収の総額は$714,000,000でした。 【BOX OFFICE MOJO】

4月23日(火) *英ビデオチャートで、『ホビット 思いがけない冒険』2週連続1位に。
 4月8日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売されたイギリスでは、2週間で116万セットを売り上げ、発売開始からの2週連続でビデオチャートのトップを記録しました。 【Official Charts.com】
4月22日(月) *ニュージーランドの外国人観光客13%増『ホビット』も貢献。
 ニュージーランド統計局は、2012年3月からの1年間の外国人観光客が前年より月13%増えたと発表。
これには、2月初旬から3月下旬まで行われたイングランド・クリケットツアーの英国からの観戦客に加えて、『ホビット』3部作の公開に合わせて梃入れしてきた観光キャンペーンが貢献したと、ニュージーランド政府観光局の最高責任者であるケヴィン・ボウラー氏は発言しました。 【BIG POND NEWS】
4月17日(水) *米ホームビデオチャートで『ホビット 思いがけない冒険』再び1位へ。
 3月19日にブルーレイ/DVDが発売されたアメリカでは、登場第1週目は売り上げトップを飾ったものの、2週目、3週目は『レ・ミゼラブル』、『ライフ・オブ・パイ』などの人気作品の登場に押されて3位の成績でした。4週目にして再びトップに返り咲き、息の長い人気ぶりを見せています。 【THR】

*『ホビット 思いがけない冒険』日本版ブルーレイ/DVD 発売。
 レンタルも同時開始。クラブワーナーでは、《ホビット3部作》横断キャンペーンを実施。ブルーレイ/DVDに封入されているキャラクターカードを全5枚集めると、中つ国カードボードがもらえるというもの。 【ワーナーホームビデオ】 【クラブワーナー】
4月16日(火) *シネマコン2013で、『ホビット スマウグの荒らし場』フッテージ映像上映。
 4月15日から18日までラスベガスにで開催されたシネマコン2013(CinemaCon 2013:全米劇場主に向けての、ハリウッド映画スタジオによる新作ラインアップ発表会)において、ワーナー・ブラザーズは16日、ザック・スナイダー監督の『マン・オブ・スティール』やギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』等の新作紹介を行いました。
『ホビット』3部作の2作目となる『ホビット スマウグの荒らし場』のプレゼンテーションでは、エヴァンジェリン・リリーとオーランド・ブルームが登場するいくつかの短いクリップ付きビデオが紹介され、ビデオの中でピーター・ジャクソン監督は、これが完全なフッテージでないことを詫びると共に、今後数週間のうちに予告編の準備が出来ているべきだと述べたとのことです。また、THRのレポートでは「ジャクソン監督の事務的なプレゼンテーションは昨年と対照的だった」とも伝えています。
エヴァンジェリン(タウリエル)とオーランド(レゴラス)が登場するビデオということは、先月の『スマウグの荒らし場』で紹介されたものと、それ程違わないフッテージだったのでしょうか?
昨年は新シリーズとHFR3Dを劇場オーナーに売り込む為に自らラスベガスまで出向いたPJでしたが、仕上げ途中だった48FPS映像を酷評される結果となったのは記憶に新しいところ。シネマコンには良い印象がないのか、第1部が10億ドルヒットとなった今、劇場主へのアピールはそこそこでも大丈夫と判断したのかもしれませんね^^; 【ComingSoon.net】 【THR】

*アンディ・サーキス、ジョルジュ賞2013で特別賞受賞。
 『ホビット 思いがけない冒険』でゴラムを演じたアンディ・サーキスは、そのモーション・キャプチャーの仕事を評価され、ジョルジュ賞2013(Жорж 2013:SFXの創始者とされるフランスの映画制作者ジョルジュ・メリエスに因んだ、ロシアの映画ファンによる賞)を受賞しました。ロンドンのサーキスは、ロシアのファンに向けてビデオで感謝のメッセージを伝えました。 【STARSLIFE】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年4月]の続きを読む
スポンサーサイト

ウッド&サーキス、『ホビット』出演公式発表!サー・マッケランも復帰確定!!!

2011年01月17日 02:12

1月10日ロサンゼルスにて、ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーによって共同発表がなされました。
今回の公式声明によって、フロド役としてイライジャ・ウッドが、ゴラム役としてアンディ・サーキスが、それぞれ『ホビットの冒険』に出演することが明らかになりました。【Source:TORn

監督のサー・ピーター・ジャクソンは2人の復帰を大歓迎しており、次のようなコメントを発表しております。

「この2人の素晴らしい俳優なしで中つ国に戻ることなど、わたしには想像することも出来ません。わたしたちは10年前に一緒にこの旅を始めたのです。再びイライジャと、そしてアンディと共に働けることほど興奮することはありません」

また、主要キャストの発表が昨年10月から行われる中、およそ3年前の映画化発表当初から真っ先に出演の意向を明らかにしていたサー・イアン・マッケランですが、公式契約がいつまでたっても行われず、やきもきしていたファンは管理人だけではないと思います。
そのサー・イアンが漸く、灰色のガンダルフ役で正式に出演契約のサインを取り交わしたと、同1月10日付のHollywood Reporter が報じております。
それによりますと、氏の出演契約はウッド、サーキスに続いて行われ、レゴラス役のオーランド・ブルームとも出演交渉中とのことです。また、ニュージーランドでのクランクインは2月14日とも伝えております。

翌11日になってサー・イアン・マッケランは、自身の公式ホームページ で中つ国への帰還をファンに報告、次のようなメッセージを発表しました。

「決定しなければならなかったことの全ては、わたしに与えられた時間をどうすべきか、ということだった。 わたしは71歳で健康だ。とは言え、次の角を曲がったところにどんなアクシデントが待ち構えているかは、誰にも予測出来ないからね。

1年以上の間、『ホビットの冒険』の撮影が開始される可能性の中で、果たすべき仕事を調整してきた。2010年の前半に『ゴドーを待ちながら』のオーストラリア~ニュージーランドツアーをもってきたのは、すぐにでも撮影が始まって、そこに留まることになるのを仮定してのことだったんだ。
撮影は更に遅れることになったが、ウェリントンではギレルモ・デル・トロに会って、『ホビットの冒険』の第1部の脚本を読むことが出来たんだ。それは『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のロマンスと、楽しさのスタイルを忠実に受け継いでいたね。
既に制作を始めていたピーター・ジャクソンが再びディレクターズ・チェアに着いたとき、彼はわたしと連絡を取り続けて状況を教えてくれていたんだ。そして、読んだ内容について他言しないという条件付きで、2番目の脚本も送ってくれたよ。

俳優組合による騒動と、ニュージーランド以外での撮影という思いもよらない噂の後、突然メインキャストと、2011年2月撮影開始の発表があった。マーティン・フリーマンのビルボは完璧だと思うね。

エージェントがワーナー・ブラザーズと交渉を続けている間、わたしは自問し続けた。
ガンダルフ役は本当にわたしが一番やりたいことだろうか?例えば新しい芝居や、新しい役を演じるよりも重要だろうか。続編というのは往々にして、必ずしもオリジナルよりやり甲斐があるというわけじゃない。
ガンダルフ役を手放すことができるのか?もっとも、このわたしが演じたかどうかなんて誰が気にするだろう。マイケル・ガンボンが初代ダンブルドア校長でなかったことを、気にしている者がいるかね?

最終的な交渉となったのは、出演料ではなくスケジュールについてだった。ガンダルフ役は撮影に18ケ月を要するから、他の仕事をするには随分と長い休止期間となってしまう。
簡単には中つ国から逃げ出せそうもないというわたしの迷いは晴れたよ。
わたしは、2011年2月21日にウェリントンで映画撮影を始めると言えることを幸せに思っている。


 2011年1月 ロンドンにて---イアン・マッケラン

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

  『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの出演者たちが、次々と『ホビットの冒険』に帰ってきております!3部作のファンには嬉しい反面、原作にないメンバーの登場で、映画の物語の進行が大変気になるこの頃です。
映画の撮影開始が2月半ばと伝えられる中、まだ明らかにされていない主要キャストの発表も続いて行われることでしょう。
噂を纏めている最中にも公式発表が行われるような有様ですが、なるべく速やかに情報お伝え出来るよう努力してまいりますので、これからも何卒当Blogを宜しくお願い申し上げます!

サー・イアン・マッケラン、漸く出演交渉中他 【追記有】

2010年05月11日 00:54


オーストラリアはメルボルンのコメディ・シアターで現在上演中の舞台劇『ゴドーを待ちながら』 に出演しているサー・イアン・マッケラン、what'splaying.com のインタビューに答えて、『ホビットの冒険』の進行状況等について語りました。

「『ホビットの冒険』の撮影は4月に始まっている筈だったんだ。でも、彼ら(制作者陣)は2~3週間前になるまで、(出演に関する)契約について、わたしと連絡を連絡を取らなかったんだよ。そしてやっと今交渉中というわけさ。
オーストラリアでの公演のあと、ニュージーランドで(*NZ公演は来月から)ギレルモ・デル・トロとピーター・ジャクソンと会うことになっているんだ。
わたしはシナリオや、彼らが送ってくれた文書を読んだけれど、それは非常に完成された良いものだった。素晴らしいガンダルフを演じられると思ったね。
しかし、まだ契約を取り交わしていないし、いつから始まるかも知らされていないんだ。わたしたち(出演予定者)は皆、現在宙ぶらりんな状態なんだよ」

というわけで、ムービーはオーストラリアのTV番組「Sunrise」より舞台出演中のサー・イアン紹介コーナーでした。上記のインタビューとは別のものですが、単に管理人がかっこいいサーを沢山見たかったので貼りました^^;

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、マッケラン同様、『ホビット』への出演が確実視されている俳優と言えば、ゴラム役のアンディ・サーキス氏ですが、彼はEonlineのインタビューの中で、クランクインの見通しについて次のように語っております。

「すぐにでも始まりそうだよ。5月に撮り始めると思っているんだ。すごく刺激的な体験になると思うな。特に(新監督の)ギレルモ・デル・トロと一緒に仕事をするのが楽しみだね。彼はとても素晴らしいよ!」

余談ですが、サーキス氏はイギリスにモーション・キャプチャーのスタジオを設立するために奔走中とか。(Source:Guardian.co.uk
それぞれの道で大活躍のLotR卒業生たちですが、再び『ホビットの冒険』でNZに集結するその日が、彼らならずとも待ち遠しくてたまりません。


【追記】 5月10日付のCOLLIDER.comのインタビューでは、アンディ・サーキスは撮影開始時期について「今年の終り頃になると思う」と発言しております。これはおそらく、『ホビットの冒険』公開は2012年と2013年としたIMAXのプレスシート(*5月6日の記事をご参照下さい)の件を知った氏が、個人的な見解を改めたのだと思います。

「皆から(クランクイン等について)ずっと訊かれ続けているけど、ぼくは本当に答えるのにいつも躊躇しているんだ。(『ホビット』の情報を知っていることについて)きみたちよりマシってわけでもないんだよ。日程や他の全てのことは常に変わり続けているんだからね。信頼できる情報を与えられないことを、すまなく思っているよ」

と苦笑するサーキスさんでした。日程が定まらないのはひとえにスタジオのせいなのに、ちょっと気の毒ですね^^;

デル・トロ監督から最新状況報告です(^^

2009年12月13日 23:27

『ラブリーボーン』のプロモーションにおけるピーター・ジャクソン監督のマスコミへの登場率に比例して、にわかに『ホビットの冒険』に関する様々な情報や憶測が乱れ飛んだ感のあるこの頃ですが、そんな中、ギレルモ・デル・トロ監督が、TORnのメッセージボードに、ファンに向けて“実際の近況報告”を書き込んでくれています(^^
毎度意訳ですが、監督のメッセージをざっと紹介致しますね~。

PJの『ラブリーボーン』のプロモーションツアーが殆ど終了した今、いくつかの情報が、どれほど熱狂的な興奮を引き起こしているかを見て、(フォーラムの掲示板へ)立ち寄って、少し話しておくのがいいと思ったんだ。

A) (LotR3部作出演俳優の中から)『ホビットの冒険』へ復帰するたった3人の俳優について
(*おそらくMTV等で報じられた、イアン・マッケランの他にエルフ役のヒューゴ・ウィーヴィングとケイト・ブランシェットとが出演というニュースを指していると思われます)たったという強調は、ニュースを間違った方向へ歪曲させるだけだと思う。
僕には、アンディ(・サーキス)以外の誰かがゴラムを演じているのは想像出来ないし、2本目のシナリオについては、今のところずっと全てについて確かなものにしようと検討中なんだ。
僕とPJはこの件について、どちらも「目下のところは」ということで同意しているよ。勿論、物事は変化するものだけどね。

僕個人としては、ピーターがどんな経緯でそれを言ったか分かるんだ。質問の1/3は僕の小説、『ザ・ストレイン』のプロモーションツアーの時に訊かれたことだったからね。『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』のプロモーションの時も、『永遠の子供たち』の時も、他あらゆる場面でいつも『ホビットの冒険』についての質問を受けてきたんだ。
それぞれ異なる時点で、キャスティングやシナリオ提出の見込み、その他について確定寸前ことがあった。でも、進行するに従ってそれは単に変更になったということなんだ。 こういった僕たち双方の過去の発言を、確実なものとして受けとらないで欲しいんだ。僕たちは、報道機関やファンとの交流の機会の中で、その時言える限りのことをいつも伝えてきたのだけれどね。

B) プロダクションの目標について:それは単純なことなんだよ。僕たちは何が欲しいかを言うかもしれない。でも、2本のシナリオが届けられて、予算とスケジュールが確証されるまで、僕たち全員が黄信号の下にあるんだよ
(*青〔緑〕信号「green light」がGoサインが出るという意味なので)。でも、それで作業を停止していたわけじゃない。以前報告したように、僕たちはずっと調査をして、デザインをして(今朝も、さっきまで3時間WETAで会議をしていたよ)立ち止まったりしないんだ。
Goサインを出すことはスタジオしか出来ないが、ピートはプロデューサーとして、僕は監督として、その間に出来ること全てをするだけさ。

C) ワーナー・ブラザーズとの間にトラブルがあるかって?いいや、少しも。
僕が言うことの出来ることの全ては、届けられたシナリオに対して、彼らがものすごく喜んだ反応をしたってことだ。それに、僕たちが開発しているものについては、強い支持を受け続けているんだよ。
スマウグはアニメーションテストをしているところで、プレヴィス
(*「pre-vis」:アニメーションの視覚効果の草案)を編集しているんだ。それに、ドワーフ戦争の人工遺物(器具や武器など)や装備などの最終的な選択と、軍隊や特殊メイク、衣装その他の製作テストも始まったよ。

一方で僕は二つの単純な理由から、公共の場に出ることはだんだん少なくなる予定なんだ。
理由その1:この2匹の巨獣
(*「two Behemoths」:『ホビットの冒険』2部作のことだと思います)の準備にすごく忙しくなる。
理由その2:時間があるとしても、おそらく『地下室の魔物』
(*デル・トロ監督が制作と脚本を手懸けるホラー映画。1973年に米ABCで放映された同名のTV映画のリメイク)と『ザ・フォール』(*『ザ・ストレイン』に続くホラーSF小説3部作の2作目)のプロモーションのために非常に制限される。
だけど心配ご無用。僕は出来る限り、いつものように立ち寄るからね。

愛をこめて。

GDT

そして、話題に上ったアンディ・サーキス氏ですが、12月4日付けの TIMES ONLINE にて、 「“ゴラムモード”に戻って彼を再体験することに、すごく興奮しているんだ」とのコメントが紹介されております。
一つの指輪を失う前の、少し若いゴラムを彼がどう演じるか、とても楽しみにしております。それにしても待ち遠しい全キャストの公式発表であります。

デル・トロ監督インタビュー~BBC編~

2009年06月10日 23:40

『The Strain』発行に伴うギレルモ・デル・トロ監督へのインタビューの中から、『ホビットの冒険』について語られた部分をお届けして参りますね。まずは6月5日付けのBBC NEWSの記事からです。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

メキシコ人の映画監督ギレルモ・デル・トロは、真夜中に徘徊する不気味なものたちの目録作りという探求(クエスト)に関わっています。
『ヘルボーイ』や『ブレイド2』への取り組みの後、彼はJ・R・R・トールキンの中つ国のドラマ、『ホビットの冒険』2部作の映画化を開始しようとしています。彼はまた、フランケンシュタインとジキル博士とハイド氏の映画化を自ら企画しています。
差し当たってこれだけでは満足しないかのように、ちょうど最近彼は、吸血鬼小説のシリーズ第一作目をチャック・ホーガンと共に執筆しました。

BBC「フランケンシュタインにジキル、そして吸血鬼---あなたは現在、言わばホラー浸けですね。その影響は『ホビットの冒険』にも及びますか?」
GDT「『ホビット』の場面の強烈さは、僕が子供の頃に原作を読んだ頃から依然として原作が持っているものなんだ。闇の森のクモたちは相当悲惨な経験だし、洞穴で大ゴブリンと直面することは、すごくスリリングな瞬間だよね。五軍の合戦、ゴラムとの初めての出会い---これらの恐ろしい瞬間は、みな原作にあるんだよ。
そう、それは既に存在しているものなんだ。僕たちは映画向けに強烈なシーンを欲するが故に、“ホラー目的のホラー”を作り出したり、原作の場面を殊更怖くしようとしているんじゃないんだよ」


BBC「それを強調するために、ゴラムに(3部作とは)何か異なることをするつもりですか?」
GDT「デザイン的な見地から言えば、3部作より何年か若いというだけの同じクリーチャーだよね。だけど、暗闇でのなぞなぞ問答のような、まだ目にしたことのないシーンがあるんだ。
ゴラムの紹介として、そのキャラクターの起源の“発火点”がこんなふうに変わっているってことは、すごく効果的で重要なことなんだよ。僕たちは非常に強力で非常に素晴らしい、そしてアイコニック(画像的)なキャラクターの側面を描けると思うよ」


BBC「『ホビットの冒険』が、あなたをしてここまで大きな挑戦に駆り立たせるものとは何でしょう?」
GDT「これが現実であると信じていることさ!僕はこれが夢じゃないかと心底恐れるくらいこの映画に携われることに幸せを感じているんだ。素晴らしいよ!
僕は今44歳で、本当に子供らしく生きられるようになるまでに44年間かかったんだ。僕は毎日子供の喜びと熱意をもって仕事に行くんだ。そして素晴らしい砂場で友人たちと遊ぶのさ!」


  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

相変わらず、そのお喋りだけでも我々を魅了してやまないデル・トロ監督です(*^^*)
『The Strain』関連のインタビュー紹介、まだ続きます~。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。