スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)

2013年07月28日 10:49

7月26日、5月下旬から始まった『ホビット』の10週間に及んだ追加撮影は無事終了の運びとなりました。
この慌ただしい最終日を、ピーター・ジャクソン監督は、早朝目覚めてまだ床にあるうちから、スタジオでの打ち上げを終えて深夜に帰宅するまで、facebookを通じてリアルタイムでレポートしてくれました。

残された時間で、映画に必要な全てを撮り終えることが出来るかどうか、プレッシャーで眠れなかった夜の話から、最終ショットを終えた感動の叫びまで、まるでその場にいるように、監督やクルー、そしてキャストたちの思いを共有出来る時代がくるとは、LotR3部作の頃には思いもしませんでしたね。

若干長いですが、この日ジャクソン監督が発信したレポートを順番にまとめてみました。リアルタイムで読むことが適わなかった皆さまも、最終日の様子を追体験して頂けたら幸いです(意訳・誤訳はご寛恕の程)。


■7月26日 6:30am -------------------------------------------

撮影の最終日。

ブログを始めて以来、一日を通して紹介するような試みを何かやってみたいと思っていたんだ(勿論、残り19の質問に答える義務があるのは忘れていないよ!(*1))ぼくたちが通常どんなふうに行動しているかを全て感じてもらうための、撮影日をリアルタイムで紹介するブログだ。

撮影の最終日であることを想定すれば、今日は必ずしも“通常の”日ではないのだけれど、今日やらなければ、もう決してやる機会はないだろうからね!

それじゃあ、始めようか。日中は出来るだけ沢山更新するつもりだよ。少なくとも写真は即行でね。文章はどのくらい忙しくなるかによるけれど。

現在、ここウエリントンは朝の6時30分。ぼくはベッドにいて、起きようとしているところだ!どうしたら必要な全てのショットを撮り終えられるだろうかと、撮影についてすごくストレスを感じていたので、あまり眠れなかったんだ。心の中でリハーサルし続けていたんだよ。

今日は第3部の場面を撮影する。君たちが2014年12月に目にする筈のものだが、正直に見せようと思っているよ。だけど、ネタばれはなしだ。

ぼくは撮影テントの暗闇の中に横たわって、何度も何度も戦いのリハーサルを見た。
スタンド・コーディネーターのグレン ・ボスウェルは、この週末に俳優たちと働いたんだ。そして、エキサイティングでショッキングな瞬間のアクションをいくつかデザインしたんだよ。彼がそのとき撮影したのを、iPadの“ウィングナットTV”と呼んでいるアプリケーションの中に入れてもっているんだ。
それは膨大な素材を使用したカタログをインターネットで使用し、毎日の更新を可能にするプログラムだ。そこには編集前の下見用フィルム、編集されたフィルム、プレビズ(*実際に映画を制作する前に、予想される結果をCG等を使って視覚化された映像)、音楽の全てと、更にもっと沢山のものが含まれている。ぼくは戦いの映像を見て、今日撮影するアングルを考えるんだ。やらなくてはならないことが山のようにある。

撮影は午前8時30分に始まって、午後7時30分に終了する予定だけれど、きっと遅くまでかかると思うね。長い一日を働くときはいつも、クルーの気持ちを和らげようと、「ジム(ジェームズ)・キャメロンが『アバター2』と『アバター3』を撮るときのために」って冗談を言うんだが…う〜ん、それは本当にジョークにならないね。

とにかく今日は、ちょくちょく更新していこうと思う。

【注1】PJは『ホビット』に関する20の質問に答えるとして、2011年5月3にfacebookを通してファンの質問を公募しましたが、最初の第1問を同年5月30日に回答したきり更新を中断しています。ご多忙だったのでしょう…。

■7月26日 7:00am -------------------------------------------

  ウエリントンの夜明け---寝室からの眺め。ちょうど午前7時をまわったところ。
着ているものを放り投げて、仕事に行くことを考える。
ぼくには、撮影するときには毎日殆ど同じような服を着るという奇妙な迷信めいた習慣がある。
去年コミコンに行った際に2着のシャツを買った。白いのを1着と、青いのを1着。

今日は白の日の気分。

■7月26日 8:20am -------------------------------------------

午前8時20分。家を出る。
ミスター・スマッジは、ぼくに行ってらっしゃいを言うために階段で待っている。彼は毎日そうする。
そして夜はぼくを出迎えようと、いつもドアの側で待っている。
 

■7月26日 8:20am
(*2) -------------------------------------------

スタジオに到着。

午前8時20分。一日の中で、この時間は好きじゃない。車でスタジオまでいくとき、いつもは緊張しているんだが、今日はまるで威圧されるような感じがするね。
100人の人間が、最初のショットは何か、ぼくがどんなレンズを使いたがっているか、それから、このシーンが終わるまでにどれだけカメラ位置の変更(set-ups)が必要になるかを知ろうと、ぼくを見ようとするんだ。
計画がある時もあれば、時には即興でやることもある。それは俳優とのリハーサルを助けて、アイデアが(うまくいけば良いものが)動き始める。

場が和やかになって撮影が始まれば、それはいつでも、より良いものとなるんだ。

良い知らせがあるとしたら、スタジオが家から5分で、信号もラッシュアワーもないってことだね。


【注2】家を出る前も午前8時20分となっていますが、PJが投稿した記事のままにしています。

[PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)]の続きを読む
スポンサーサイト

ビル・ベイリー、ギムリの父親になる?

2010年05月21日 23:53

英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)の最優秀シチュエーション・コメディ賞を2回獲得している人気テレビシリーズ「Black Books」、その主役の一人を務めているコメディアンのビル・ベイリーが、グローイン役候補に挙がっていることを、ニュージーランドのニュースサイトstuff.co.nz が報じております。
それによりますと、6月からウェリントンで開催されるコメディショー、ベイリーライブを前に、ドミニオン・ポスト紙の電話インタビューに答えたビル・ベイリーは、ロンドンで『ホビットの冒険』のオーディションを受けたことを明らかにしたそうです。

「『ホビット』の(脚本の)読み合わせに行ったんだ。最初に読んだのはグローインだったね」

ベイリーは、自分が特殊メイクなしでドワーフ役が出来ると冗談を飛ばし(左の写真でご判断を^^)、6月24日からウェリントンで始まるショーを前に、ギレルモ・デル・トロ監督の返事を待っていると話したとのこと。
偶然にも、その6日後の6月30日から、灰色のガンダルフを演じる予定のサー・イアン・マッケランも、舞台劇『ゴドーを待ちながら』のニュージーランド公演の為にウェリントン入りします。

サー・ピーター・ジャクソンのスポークスマンは、映画はウェリントンで引き続き制作準備期間にあると言うに留まり、クランクインやキャスティングについては、明らかにされなかったとのことです。
個性的で芸達者なバイプレイヤーとして評価が高いビル・ベイリーですが、オーディションの結果は果たしてどうなりましたでしょうか?


*写真右端がビル・ベイリー。映画のギムリに似てる???



Black Books: Complete 3rd Series [DVD] [Import] (2007/11/13) Dylan Moran Bill Bailey  商品詳細を見る

フロドの両親も登場!?出演者“公式”?募集の中身

2010年01月08日 23:35

先月から本格的に始まったとされる主要登場人物のキャスティングですが、いったいどういう経路で入手したものやら、「公式出演者募集、そのプロット詳細」とされるリストが、1月4日付の Spoiler TV に掲載されました!
これが本物なら、サイト名に恥じないとてつもないSpoiler(ネタばれ)なワケですが…・・・。 まずはその中身をそっくりご紹介致します。判断はご自分の目で。

ビルボ
裕福で育ちの良いホビット。彼自身は気付いていないが、大変勇気があり、実際的で立ち直りも早い。ユーモアのセンスに富み、冗談も分かる。非常に飲み込みが早くて、彼の母によって読書家に育てられたせいで博識である。
ビルボについて最も際立った特徴は、彼の人間性にある。度胸があり寛容な精神の持ち主で、人を思い遣ることが出来る。
【年齢】25~35歳
【アクセント】標準R.P.
(*Received Pronunciation:英国における容認〔標準〕発音。パブリックスクールのアクセントや、BBC英語等を指し、これを話す人は一般に教養ある人と認められているそうです)

トーリン・オーケンシールド
ドワーフの王国エレボールの後継者。亡命先の青の山脈から遠く離れた彼らの祖国へ一族を率いてきた。
頑強な体格の伝説的な戦士。彼の顔には、苦難と危険を通り抜けてきた彼の人生が刻まれている。
眼光鋭く辛辣な口調。誇り高く見知らぬ者にはなかなか信用を置かない。しかしトーリンは、熱烈な忠誠と大きな勇気、また思いがけない優しさとユーモアを示すことも出来る。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】40代前半~50代半ば
【アクセント】標準R.P.、あるいは僅かに地方訛りのある英語

フィーリとキーリ
2人のドワーフの兄弟。エレボール王国の後継者であるトーリン・オーケンシールドの甥であるが、彼らの打解けた態度は、必ずしもその高貴な血統を感じさせない。
フィーリは2人のうち年長(おそらく金髪だが、そのことは特に重要ではない)で、両者とも見目良く、幼いうちから武器の扱いを習得してきた強力で熟練した戦士である。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】20代前半~半ば
【アクセント】標準R.P.、あるいは僅かに地方訛りのある英語

バルド
湖の町の弓の達人。谷間の国の領主の直系の子孫。
力強く、風雨に晒され日に焼けた顔で、頑強な体格をしている。結婚していて幼い息子がいる。物静かで孤高を持し、血統や弓の使い手としての腕前を自慢することはない。
【年齢】35~48歳
【アクセント】標準R.P.、あるいはアイルランド、ウェールズ、スコットランド訛りの英語(あまり強い訛りでないこと)

グローイン
ドゥリン一族のドワーフ。遠縁の従兄にあたるトーリン・オーケンシールドより高貴な血族の出身である。
はなれ山の探索に参加したドワーフの仲間のうち、グローインは最も率直で、頑固で、権威に疑問を呈することを恐れない。その気難しさにも拘らず、力強く勇敢で忠実であり、つまるところ魅力的で愛すべきキャラクターである。ギムリの父親としてファンには有名。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】40~50歳
【アクセント】スコットランド訛り必須

茶のラダガスト
イスタリのうちの一人。他の5人の魔法使い同様老人の姿をとっている。
幾分みすぼらしい身なりで、荒野をさ迷う傾向がある。しかしながら彼は灰色のガンダルフの親友であり、ガンダルフは大いなる親愛の情をもって彼を抱きしめ、その寛大な精神を賞賛している。
陽気な性格で輝く瞳をしたラダガストは、風変わりで忘れっぽくて、容易に取り乱すこともある。
*かつらと付髭、若干の特殊メイクが必要。
【年齢】50~70歳
【アクセント】標準R.P、あるいは僅かに地方訛りのある英語
[フロドの両親も登場!?出演者“公式”?募集の中身]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。