スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年6月5日~6月11日】

2011年06月13日 01:38

6月10日(金) *ピーター・ジャクソンと撮影クルー、クイーンズタウン入りの目撃記事が、地元紙Mountain Scene(オンライン版)に掲載される。
6月9日、サーPJと撮影クルーと思われる随員が、ジャクソン監督の自家用ジェット機でNZ南島のクイーンズタウンに到着。地元のヘリコプター会社Heliworksのヘリ格納庫に向かったとのこと。
更に、「スタッフは13~15人で大量の機材を持っていました。彼らは全員ヘリコプターで飛び立ちました」と目撃者の証言も 【SCENE.co.nz】


大きな地図で見る

6月9日(木) *イライジャ・ウッド、フロド役の撮影のため10月にニュージーランド入り予定とAccess Hollywoodのインタビューにて。
「10月に(NZへ)行きます。自分の役割はとても小さなものですが、何よりもニュージーランドに戻って皆と再会出来ることに興奮しています。それは12年ぶりの同窓会のようです。こんなに有意義な再訪問の機会を、人生において誰もが与えられるわけではありません。本当に素晴らしいことです」 【Access Hollywood.com】



  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

映画のタイトルと公開日発表以後、『ホビットの冒険』関連のニュースはひっそり、PJもfacebookに書き込みなし、と思っていたら、クイーンズタウンに飛んでいたのですね。
クイーンズタウンとワカティプ湖周辺は、以前からPJとその撮影クルーが幾度もロケハンに訪れており、湖の町・エスガロスのロケ地ではないかと噂されている場所です。ウエリントンのストーン・ストリート・スタジオでの撮影が一段落したら、次はこの場所でロケーション撮影が行われるのかもしれませんね。

そして、イライジャ・ウッドは今年30才になった筈ですが、相変わらず若々しいですね。
3部作撮影時の天使のような容貌の彼も素敵でしたが、原作の、時折賢者のような人格の成熟をみせるフロドは、30代になった現在の彼にこそ演じてもらいたい気がします。
それはさておき、フロドと言えばサムがいつもその傍らにおりましたが、ショーン・アスティンファンの皆さまは、こちらのインタビュー動画もどうぞ♪(ドム編もありますよ~!)
スポンサーサイト

クイーンズタウンでロケハン進行中?

2010年01月20日 20:24

昨年11月にも、ニュージーランド南島のワカティプ湖周辺で『ホビットの冒険』の撮影が行われるのではないかという噂をご紹介しましたが(11月19日の記事をご参照下さい)、ワカティプ湖畔に面した町クイーンズタウンで引き続きロケーション・ハンティングが行われていることを、The Southland Timesが伝えております。


大きな地図で見る

「『ホビット』クルーは、ほぼ間違いなく南島に来ています。現在ロケハンが行われている場所はワカティプ地区周辺ですが、他にもカンタベリー(クライストチャーチ地区を含む平野周辺)やワナカ、それにネルソン地区(*いずれも上の地図をご参照下さい)でも行われています。彼らはLotR3部作で満足な仕事が出来た地域にまた戻りたがっていると確信しています。そして、地元のクルーは『ホビットの冒険』に取り組むチャンスに興奮しています」

クイーンズタウンの映画関係者によりますと、同地の地元クルーは、まだ正式契約が取り交わされていないうちから、2010年の3月後半から4月前半に始まると予測されていたクランクインに合わせて待機していたとのこと。
3部作の撮影から10年、再び始まる一大プロジェクトを前に、ロケーション撮影候補地の熱狂ぶりが伝わってくるニュースでした。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。