スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』スタッフはメキシコ人がいっぱい!

2008年12月18日 04:27

今月半ば、ニュージーランドからメキシコへ一時帰国したデル・トロ監督ですが、故郷メキシコで行われたインタビューの中で、いくつか『ホビットの冒険』のスタッフに関する情報を語っております。それによりますと、

「僕たちは今、長い製作準備期間の中にあるけど、僕はもうデザイン画や図面は見ているんだ。ギレルモ・ナヴァロは既にプロジェクトに参加していて、僕たちと一緒にこの仕事を続けていってもらうつもりなんだ」と、古くからの馴染みでもあるメキシコ出身の実力派撮影監督をご指名です!

また別のレポートによりますと、『ホビット…』のデザインスタッフとして、『ヘルボーイ』シリーズのコンセプト・アートを担当していたデザイナー、パブロ・アンヘレス(Pablo Angeles)とフランシスコ・ルイス・ベラスコ(Francisco Ruiz Velasco)についても、クルーに加わるとのことですよ。

デル・トロファミリーから優秀なスタッフをWETAに集結させ、『ホビットの冒険』2部作をとことん“俺色”に染めそうなギレルモ監督であります。どんな中つ国が登場しますやら、今からとっても楽しみです!(Source:Informador.com.MXMilenio.com & English Translation:BilboHobbit.com


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
いつも忘れた頃の更新で、お返事も遅くなって申し訳ないです~!
『指輪物語』の追補篇にある「アラゴルンとアルウェンの物語」は、それだけで一編の映画になりそうな、ロマンチックで美しい物語だと思います。そのシーンのいくつかでも肉眼で見ることが出来るのなら、ファンにはこの上ない幸福ですよね!
ホントに、麗しいエルフの若殿likeアラゴルンを、ヴィゴで見たいものであります(*^^*)
スポンサーサイト

『ホビットの冒険』の撮影期間は370日!?

2008年12月04日 05:43

Hellboy 2: The Golden Army [Original Motion Picture Soundtrack]Hellboy 2: The Golden Army [Original Motion Picture Soundtrack]
(2008/07/15)

商品詳細を見る

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』のブルー・レイディスク発売を記念して、デル・トロ監督とファンとのライブチャットが Universal Hidef.com にて、先月の23日に行われました。
実はこのチャット、ウェブ対応のBDプレイヤーによって行われ、トランスクリプトの閲覧にも同サイトへの会員登録が必要でありました。
そんな訳で、チャットが23日に行われることは事前に知っていたのですが、会員登録を厭わないマメな英語圏のファンがどこかのサイトにUPしてくれる迄、その内容については“おあずけ”だなぁと指をくわえて待っていたのであります。
最近になって漸くBilboHobbit.com (Special Thanks!)にて、『ホビットの冒険』に関する部分のトランスクリプトが掲載されていることが分かりましたので、こうして記事をお届けすることが出来たという次第です。

前置きが長くなりましたが、その“なんちゃって翻訳”でございます。ドゾ!

  *   *   *   *   *   *   *   *  

Q 「ユニバーサルの発表によれば、『ホビットの冒険』を撮り終えた後のあなたの映画スケジュールはかなり忙しいようですが、我々は『ヘルボーイ3』を観ることが出来るでしょうか?」
GDT 「僕は勿論そのつもりだよ!だけど、最終的には全て会社判断だし、映画会社の体制というものはえてして、非常に急速に変わってしまうものだからね」

Q 「『ヘルボーイ2』で働いたスタッフたちは、『ホビットの冒険』にも加わりますか?」
GDT 「そうあって欲しいね。ミニョーラ(*マイク・ミニョーラ:コミック作家で、原案と製作総指揮を担当)、バーロウ(*ウェイン・D・バーロウ:ビジュアルデザイナー)、スペクトラル・モーション社(*VFX工房)、ギレルモ・ナヴァロ(*撮影)、それに他のスタッフたちも…」

Q 「作曲家のダニー・エルフマンとは、この先のプロジェクトで一緒に仕事をする予定がありますか?」
GDT 「勿論だよ。だけど『ホビット』の後になるね」

Q 「『ヘルボーイ2』は『ホビットの冒険』を撮影する準備として役立ったと思いますか?」
GDT 「技術的な面で言えば答えはイエスだね。挑戦なしに『ホビットの冒険』は撮れないよ。LotR3部作と同じくらい夢中にさせられる、広大な世界の創造と拡張への挑戦なんだ。それは敬意と熱意、そして創造力との正しい調合でもって、トールキンの原作にアプローチすることなんだ」

Q 「『ヘルボーイ2』のようにクールなクリーチャーが、『ホビット』でも見られるでしょうか?」
GDT 「そりゃもう、たくさんね。ゴブリンの王国やスマウグ、それに闇の森のクモたち!
僕たちはクリーチャーを創り出すのに、CGIとアニマトロニクスをシームレスで融合させた最先端の技術でもって、新しい芸術形式を生み出そうと努力しているんだ」
[『ホビットの冒険』の撮影期間は370日!?]の続きを読む

MTVインタビュー~スタッフ、そしてキャスティングのこと。etc...~

2008年10月16日 20:37

昨日UPしたMTVインタビューの続きです。こちらは、MTVの本家サイト(MTV.com)の映画ニュースコーナーに掲載された中から、『ホビットの冒険』に関する部分をピックアップしてお届けします。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

MTV「あなたは今まさに、『ホビットの冒険』を食べて、飲んで、呼吸しているところですか?」
GDT「ああ、まさしくそうだね。現在僕は大量の読書をこなして、更に大量の山積みの未読本に囲まれているところなんだ。でも、そのうちのいくつかは本当に興味深かったよ」
MTV「何が興味深かったのですか?--本のことに留まらず--それについて話してくれませんか?」
GDT「そうだね、例えば脚本を書き始めるに及んで『ホビットの冒険』を再読した時、僕はそれが第一次世界大戦を経験したトールキン世代の体験が反映された本だという暗示を受けたんだ。ピーター・ジャクソンは第一次世界大戦について書かれた本の相当な愛好家でね、僕は今、第一次世界大戦と当時のイギリス、そして他国の状況などについて読んでいるんだ。それは関係があるべきものじゃないのかもしれないけど、事実そうなんだ。そこには原作本と、したがって映画に関係する道徳的な論争点を見ることが出来るんだ」

MTV「ご自分が創りたいと思うスマウグのデザイン案を、もうお持ちですか?」
GDT「僕は既に、ジョン・ハウとアラン・リー(*いずれもトールキン作品の挿絵やイラストで有名な画家。LotR3部作の美術コンセプトを担当)の二人と、スマウグの容貌についての詳細を議論したよ。そして、ロンドンでの会議でジョンが描いた、スマウグについてのおおよそのイラストをいくつか持っているんだ。あまり多くは語れないけど、スマウグの姿は日増しに明確になってきているよ」
MTV「スマウグを生み出す手段としては、CGIを使いますか?それともクリーチャー・エフェクト(*相応しい日本語の用語が見つからないのですが、モデリングや特殊メイクを含めたフィジカルなキャラクター造形というところでしょうか)?」
GDT「うーん、多分CGになるね。はなれ山でのスマウグとの遣取りなど、若干他のフィジカルな技術を必要とされる部分があるかもしれないが、大部分はデジタルだね」

MTV「ハワード・ショアが作曲を担当するそうですね。確か前に話があったと思うのですが、ギレルモ・ナヴァロ(*『クロノス』時代からのデル・トロ作品常連の撮影監督。『パンズ・ラビリンス』では、アカデミー撮影賞を受賞)も『ホビットの冒険』で働くことになりますか?」
GDT「そうなったらとても嬉しいね。彼との共同作業は、僕にとってはすごくスムーズで心地いいことだからね。僕はそのことについてピーターと話し合ったんだ。ナヴァロが参加してくれることになれば、彼にとっても幸せなことだと思うよ」

MTV「公式に出演が決定している俳優はいますか?イアン(*マッケラン)とアンディ(*サーキス)は、絶対に出演すると言ってしまっていいですか?」
GDT「それそれ!つまりはこういうことだ、公式には誰も決まってないよ!」
MTV「だけど、もしかするとダグ・ジョーンズがエルフ王(*闇の森の王・スランドゥイル)をやることになるのではと、話題になっていましたよね?」
GDT「ダグに役を見つけてやりたいと思ってるよ。だけど、それは必ずしもエルフ王という訳じゃないんだ。彼に相応しい役がある筈だ。でも、それはエルフの王じゃないね」
MTV「私はちょうどヴィゴ(モーテンセン)とも話をしたんですよ。彼はまだあなたから話がないと言っていましたが・・・」
GDT「この件には関わりなく、彼とお喋りをしてコーヒーを飲みたいものだね。
もし特定の俳優に、いかにも出演してもらいたがっていると感じさせてしまうような状況を作ってしまって、彼に相応しい役を見つけることが出来なかったとしたら、彼は自分が軽んじられたように思えるんじゃないだろうか?それじゃ、互いの関係にも、プロジェクトそのものにも害となるだけだ。
僕たちは、軽々しく名前を出さないよう、本当に慎重を心がけているんだ。脚本が僕たちにどうするべきかを示してくれるだろう。だから、それまでは何も決定出来ないよ」
MTV「とは言っても、『ホビットの冒険』に明らかに登場するキャラクター、エルロンド役のヒューゴ・ウィーヴィングはどうですか?」
GDT「ああ、勿論。彼とは交渉しなくちゃいけないね。ヒューゴ・ウィーヴィング、アンディ・サーキス、イアン・マッケラン・・・彼ら全員に、映画に出てくれるよう持ち掛けなくちゃね」


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。