スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

2013年10月16日 02:38

10月15日(月) *ニュージーランド航空、機内ビデオで『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション上映。
本編の拡張シーンのレポートがネット上で話題に。特に裂け谷でのドワーフたちのユーモラスなエピソードが圧巻です。 【tumblr(forty-six hours in a day)】

*TORn、『竜に奪われた王国』のワールド・プレミアは12月2日ロサンゼルスと報告。
 TORnは既に今年8月の時点で、信頼出来る筋からの情報として、『ホビット』第2部のワールドプレミアの開催地をロサンゼルスと伝えていましたが、今回はそれが12月2日であると伝えています。
12月1日にはTORn主催のワールドプレミアパーティーをロスにて開催予定とのことで、公式からの発表はまだですが、どこか確かな筋からのソースによるものと思われます。 【TORn】

10月12日(土)
*『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、バルドの娘たちのスチル流出。
 映画では原作と違って、弓の名手バルドにはバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。ボフール役のジェームズ・ネスビットがリリック劇場のセッションで語ったところによれば、彼のお嬢さんたち(Peggyさん15歳とMaryさん11歳) がこの2人を演じたとのこと。
写真を見た感じでは、バインにはしっかり者のお姉さんと、愛らしい妹がいるようですね。 【fasebook(TORn)】 【El Anillo Único】
 
10月10日(木)
*『竜に奪われた王国』TVスポット第3弾(30秒)公開。
  第1弾、第2弾同様、劇場用予告編2本で使用した映像を再編集したものですが、スランドゥイルやガンダルフ、そしてビルボの新しい台詞を聞くことが出来ます。
なお、スポットの終わりには「11月21日前売り券発売」の字幕も入り、アメリカでのチケット発売が来月21日から始まることも明らかになりました。 【facebook(The Hobbit)】
 *『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、スランドゥイル他未公開画像流出。 【tumblr(The Heirs of Durin)】

 
10月8日(火) *NZポスト、『ホビット 竜に奪われた王国』の記念切手及びコインを、10月中旬より予約開始と発表。 【facebook(New Zealand Stamps and Coins)】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)]の続きを読む
スポンサーサイト

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)]の続きを読む

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む

『ホビット』Twitterライブチャット記録/第2弾:イアン・マッケラン(2日目)

2013年03月07日 06:52

The Hobbit Movieのツイッター公式アカウントで行われた、『ホビット 思いがけない冒険』出演者によるライブチャットの第2回目です。
前回に続いて、ガンダルフ役のサー・イアン・マッケランが、教育から同性愛者の悩みまで、真摯に、そしてユーモアたっぷりに答えてくれています。【原語のログ:mckellen.com


■第2回:イアン・マッケラン(2012年12月6日開催)
Q1: リチャード・アーミティッジとの仕事は如何でしたか?
A1: リチャードと会って一緒に仕事出来てとても楽しかったが、ひげのない彼のほうがわたしの好みだね。
Q2: どうやって「白の魔法使い」になったのか、また、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの中でどの作品が好きかを教えて頂けませんか?
A2: わたしのお気に入りは第1部だよ。何故なら、「白のガンダルフ」より「灰色のガンダルフ」のほうが楽しいからね。
Q3: サー・イアン、あなたは母国語以外(現実世界の言葉でもトールキンが作った言葉でも)を話しますか?
A3: フランス語は話せるが、非常に多くの人々が、時間をかけて英語を学ぶ世界であることに感謝しているよ。
Q4: サー・イアン、あなたのお好きなテレビ番組は何ですか?
A4: 定期的に観ているのは、BBC2の「ニュースナイト(Newsnight)」という現在の政治についての番組だね。
Q5: エルロンド卿(ヒューゴ・ウィーヴィング)と一緒にいてどうですか?さぞ楽しいことと思います。
A5: ああ、ヒューゴーとわたしはたくさん笑ったよ。舞台でも一緒に仕事がしたいね。
Q6: サー・イアン、LotR3部作はさておき、今までにご覧になった中で一番好きな映画は何ですか?
A6: ジャック・タチが監督と主演を務めた『ぼくの伯父さんの休暇』だよ。
Q7: ガンダルフとマグニートが戦ったらどっちが勝ちますか?その理由も教えて。
A7: もちろん歳をとったほう(ガンダルフ)さ。彼には7000年の経験があるからね。ちなみに、わたしのウェブサイトで、前にもこれと同じ質問や他の質問にも答えたよ。
Q8: ガンダルフが選ぶ飲み物は?(お酒?それともアルコールなし?)
A8: 彼はお茶を出されるが、赤ワインがいいと言うんだ。ただ一つ問題があって、ドワーフのグラスは魔法使いには小さ過ぎたんだ。
Q9: ガンダルフみたいに、煙りの輪を作ることが出来ますか?
A9: 出来るとも。
Q10: お気に入りのドワーフがいますか?
A10: 勿論いるよ。……
Q11: 誰が一番面白いか、あなたの意見をきかせて下さい。チャップリン?それともローレル&ハーディ(*1)?わたしはスタン&オリー(*2)だと思うけど。
(*1)サイレントからトーキーの時代にかけて活躍したアメリカのお笑いコンビ。(*2)スタン・ローレルとオリヴァー・ハーディの愛称。
A11: 賛成だね。スタン・ローレルはわたしが生まれたランカシャー州の出身なんだよ。
Q12: 次にわたしが「ザ・グレイプス」(*3)に行ったら、無料のビールが飲めますか?
(*3)サー・イアンが2011年に購入した、ロンドン東部のライムハウスにある由緒あるパブ
A12: イーストロンドンのわたしのパブにきてくれたら歓迎するよ。ただ、注意して欲しいのは無料の飲み物はないんだ。だけど、勿論暖かくもてなすとも。
Q13: サー・イアン、Hola!(*4)と言ってもらえませんか?メキシコからなんです!
(*4)スペイン語の「やぁ」とか「こんにちは」
A13: メキシコの全ての友人へHola!何年も前にエヴァ・ガードナーと『The Priest of Love』の撮影をメキシコでしたよ。
Q14: 猫はお好きですか?
A14: 大きな猫(科の動物)が好きだね。ライオンやトラ、ジャガー、チーターそれにヒョウ。だけど家では、犬といるほうがホッとするね。
Q15: もし個人的にトールキンにガンダルフについて尋ねることが出来たら、何を訊きますか?
A15: 彼は歯ブラシをどうしてるのか、それと、どこかに家はあるのか。
Q16: 常に何百万ものトールキンファンから、ガンダルフとして見られていることを誇りに思っていますか?
A16: 勿論だよ。古典として記憶される映画に関与出来てとても幸運だ。
Q17: サー・イアン、どんな音楽が好きですか?
A17: ベートーベンからロック、それにジャズも演奏するし、殆ど全ての音楽が好きだが、家では演奏しないね。
Q18: ナショナルシアターであなたが出演している『コリオレイナス』を観ました。舞台が恋しくないですか?
A18: いや、恋しくないよ。というのも、わたしはしばしば舞台に立っているからね。来年の中頃には舞台に帰る予定だよ。
Q19: サー・イアン、どこか行きたい場所を一つ教えてください。まだ行ったことのない場所も。
A19: わたしはまだ南アメリカへ行ったことがないんだ。それからいつかイースター島へ行きたいと願っているんだ。
Q20: もし、どこでも選ぶことが出来るならば、中つ国のどの場所に住みたいですか?
A20: ホビット村だよ、いつだってね。今やマタマタを訪問すれば、オリジナルの映画セットが見られるよ。
Q21: ガンダルフはよく馬に乗りますが、映画では実際に乗馬されたのですか?それともスタントダブルですか?
A21: わたしは確かに馬に乗っているよ。鞍に座って、そして降りる。だけど、ガンダルフが馬で疾走しているとき、それはわたしじゃない、ガンダルフなんだ。
Q22: サー・イアン、若い頃にトールキンを読まれましたか?
A22: 10代後半になって『ホビットの冒険』を読んだね。
Q23: どこでセーターを買っていますか?
A23: セールだよ。
Q24: 撮影の間、ひげに何か引っかかったりしませんでした?
A24: 時々、わたしのメイクアーティストのリックは、ランチの食べかすを取り除いていたね。
Q25: サー・イアン、LotR3部作ではパイプをふかす姿がとても自然に見えました。実生活でもパイプを嗜むのですか?
A25: 学生時代にほんの数回吸ったことがあるだけだよ。
Q26: サー・イアン、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでお気に入りの小道具は何ですか?
A26: 小道具は全部Wetaワークショップで作られたものなんだ。特に武器は非の打ち所がないね。グラムドリングは素晴らしい剣だよ。
Q27: もし、トールキン作品の別のキャラクターを演じることが出来るとしたら、誰を演じたいですか?
A27: 今となっては手遅れだが、ビルボをやってみたかったね。
Q28: もし、誰かが若い頃のあなたに「いつかガンダルフになるよ」と伝えたとしたら、何て言ったでしょうか?
A28: 「誰だって?もう一度」と言ったと思うね。
Q29: ここに中学校の教師と教え子たちがいます。演技を学びたい子供たちの為にアドバイスをお願いできますか?
A29: 皆に行き渡るだけの充分な実習はそうないだろうから、学校やアマチュア一座の舞台で出来るだけ沢山演じて、演技の機会を掴んでいくことが絶対に必要だね。それから、映画や舞台に可能な限り頻繁に足を運んで、いくつかの演技を試してみて、何故うまくいったのか、あるいはいかなかったのかを考えることだ。志を同じくする友人と一緒なら、後でそれについて話し合うことも出来て助けになるだろう。
Q30: サー・イアン、メリーとピピンのどちらが好きですか?
A30: どちらも等しく大好きだよ。
Q31: サー・イアン、もしガンダルフが灰色でも白でもなかったら、ガンダルフは何色であるべき、あるいは相応しいと思いますか?
A31: 銀色、あるいは、多彩なるローブ(*5)だね。
(*5)robe of many colors:勿論、多彩なるサルマンをもじった答え。
Q32: 『ホビット』第2部の制作に携わりたいのです。参加することが出来るでしょうか?そのために何をすれば良いのでしょう?
A32: もしコンピューターに詳しいなら、可能性はあるだろうね。CGI効果に取り組むために何百人ものスタッフが必要とされているからね。
Q33: 今どこにいらっしゃるのですか? あなたとすごく話しがしたいのです。
A33: ニューヨーク州マンハッタン島の秘密の場所に金曜日までいるよ。その後はロンドンの家に帰る予定だ。
[『ホビット』Twitterライブチャット記録/第2弾:イアン・マッケラン(2日目)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。