スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット 第3弾公開

2012年11月07日 01:47



11月5日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット 思いがけない冒険』の30秒スポットの第3弾を公開しました。
尤も、メキシコで放送されたスペイン語版が10月30日にはYouTubeにUPされておりましたので、既にご覧になった方も多いかと思います。
ともあれ、前回同様スクリーンショットと共にご紹介致しますね。




ガラドリエル「影の中で何かが動き始めています」



ガンダルフ「闇を寄せつけなくしておくものは、小さなものだと気付いたのですじゃ」



ビルボ「わたしが?いいえ、無理ですよ…!」
“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”



トーリン・オーケンシールド「我らが祖国を取り戻すぞ!」
“全ての冒険はここから始まった”



ガンダルフ「殆どがお前さんが来ない方に賭けたんじゃ」



ビルボ「あなたはどう思ったんです?」
ガンダルフ「これっぽっちも疑いはせんかったよ」



“『ホビット 思いがけない冒険』”

今回の見所は、個人的にはタイトル後のお皿片付けのリレーですね♪
原作の、高く積み重ねて片手で運ぶのより更に騒々しくユーモラスな絵作りになっています。これは是非とも、3Dで見てみたいシーンの一つですね。

ミニチュアリリースから『ホビット』3部作を推理する(その3)

2012年09月10日 21:17

9月7日(日本時間9月8日)、ワーナー・ブラザーズはiPad及びiPhone用の無料アプリ『Hobbit Movies』を公開し、そのコンテンツとして既出画像も含め60枚以上のスチルをUPしました。
「そんな、どっちも持っていないよ…!」とお嘆きの(管理人含む)皆さまは、以下のリンクからご覧下さい。 Hobbit stills1 Hobbit stills2 Hobbit stills3

そして、7月に行われたサンディエゴ・コミコンでのピーター・ジャクソン監督の発言通りならば、今月中に劇場予告編の第2弾が公開される予定です。
公開日は明らかにされていませんが、9月にはトールキンファンのお祭り「Hobbit Day(またはBaggins Birthday)」---言わずと知れたビルボとフロドの誕生日ですね---がありますので、その日に合わせるのではないかという噂もネット上にはチラホラ見受けられますが、単にファンの希望的観測であって根拠のあるものではなさそうです。でも、そんなバースデープレゼントもいいですね。いずれにしても待ち遠しい限りです。

さて、それでは前回の記事の続きです。『ホビット』のアクションフィギュアに添付された、ワーナー・ブラザーズ公式キャラクター紹介の後半です【 Source:SF-Fan.de & TORn


【注意】以下、『ホビット 思いがけない冒険』の登場人物やストーリーに関するネタばれがあります。映画をなるべく白紙状態で楽しみたい方は、読むのをお控え下さい。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


16.茶のラダガスト
ラダガストは、忘れっぽく少々ぼんやりしていて、たいそう風変わりに見えます。出来れば人間より動物と話していたいと思っています。灰色のガンダルフとは魔法使いの同僚であり、また友人でもあります。
中つ国の広大な森の守護者の一人で、彼の風変わりな小さな家があるロスゴベルと呼ばれる森をしばしば散歩しています。一方で闇の森の暗い片隅から始まった異変に、切迫した運命を感じています。

17.白のサルマン
尊敬すべき力をもったサルマンは、世界の秩序と均衡を守る他の4人の魔法使いとともに、中つ国の守護者です。特にサルマンは、自由裁量で中つ国の自由な民の国々の運命を調停します。
「白の会議」の議長である彼は、灰色のガンダルフとトーリン・オーケンシールドが、彼の慎重な計画をだいなしにすることを心配しています。サルマンは非常に年をとっていて知恵がありますが、意識下の弱さに屈服して力に貪欲です。そしてその貪欲さは、最終的に全ての同盟にとって命取りのものとなります。

18.エルロンド
エルロンドは、中つ国に留まっているエルフたちの中で、最も年長で最も賢いエルフたちの一人です。裂け谷の主で、大海の東の「最後の憩」館に住んでいます。
トーリンとその仲間たちは、短い時間裂け谷に留まるだけですが、エルロンドはビルボとドワーフたちに宿と食事を提供しました。ドワーフたちは生まれながらにエルフが嫌いですが、快く彼らの助力を受け入れます。
エルロンドは、奪われた財宝を取り戻すというドワーフたちの計画に不審を抱きましたが、ガンダルフとトーリンがはなれ山に辿り着くのに必要な秘密の情報を与えました。

19.ガラドリエル
ガラドリエルは、中つ国に留まっているエルフたちの中で、最も年長のエルフの一人で、未来を見通す力を持っています。運命が中つ国を脅かす兆候が高まっているのを感じたガラドリエルは、その原因を突き止めるというガンダルフの使命を密かに支援します。
ガラドリエルは勿論、悪しき力が優位に立たなければ、仲間たちが成功するに違いないことを、さもなければ暗黒が全てを支配するだろうことを知っているのです。

20.スランドゥイル
強力なエルフの君主にして伝説的な戦士であるスランドゥイルは、レゴラスの父親です。森の国の王として、かつて「緑森大森林」と呼ばれ、今では不吉な「闇の森」という名で知られる森の北側の広大な地域を支配しています。
長く続いた暗い年月の間に、スランドゥイルはますます下界から遠離り、自分の周囲の人々だけを案じるようになりました。古代からの苦々しい確執は、彼が基本的に全てのドワーフたち、そしてトーリン・オーケンシールドを拒絶する状況に繋がっています。

21.レゴラス
レゴラスは森の国の王子であり、父親のスランドゥイル同様、高貴なエルフです。しかしながら、スランドゥイルとは宮廷で滅多に顔を合わせません。もっと正確にいえば、彼は森のエルフの森林守備隊とともに地域をパトロールしているのです。
スレンダーで熟達した戦士である彼は、父親とその側近たちに絶対に忠実です。しかし、外の世界の出来事は、最近では孤立した森のエルフの世界にも痕跡を残すようになりました。厄災の到来を目にして、レゴラスは彼の父親か自分の良心か、どちらに従うべきかの選択を迫られます。

22.タウリエル
「闇の森」の女性のエルフは、美しいのと同じくらい危険な存在です。スランドゥイル王の護衛及び森の国の守備隊の指揮官として、タウリエルは自分が正しいと思うことに関しては非常に独断的で情熱的です。
卓越した戦士であることは、彼女の2本の短剣及び弓と矢とで証明されます。レゴラス同様、非常に機敏で素早く戦うことが出来ます。
彼女はこの世界に何百年もの間生きていますが、エルフとしては最も若いうちの一人で、大きな森から滅多に外に出たことはありません。
[ミニチュアリリースから『ホビット』3部作を推理する(その3)]の続きを読む

キャスト公式発表第3弾!ケイト・ブランシェット、ガラドリエル役で復帰!!

2010年12月11日 07:18

12月7日ロサンゼルスにて、待望のキャスト公式発表第3弾が行われました…!!
前2回同様、ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーの連名による発表で、ケイト・ブランシェットのガラドリエル役復帰を始め、かねてから噂に上がっていたシルヴェスター・マッコイやミカエル・パーシュブラントを含む計7人の配役が新たに明らかになりました!【Source:The One Ring.net

今回公式発表された配役は以下の通りです。

ガラドリエル…ケイト・ブランシェット
バーリン…ケン・ストット
茶のラダガスト…シルヴェスター・マッコイ
ビヨルン…ミカエル・パーシュブラント
ドロゴ・バギンズ…ライアン・ゲイジ
ノーリ…ジェド・ブロフィー
ビフール…ウィリアム・キルシャー


ガラドリエル役のケイト・ブランシェットは、LotR3部作から引き続き『ホビットの冒険』に出演するメンバーとしては、公式発表一番乗りを果たしました。
ブランシェットの続投について監督のサー・ピーター・ジャクソンは、「ケイトは一緒に仕事をしたい大好きな俳優の一人です。彼女が前シリーズと同じ役で映画に美しく甦ること程スリリングなことがあるでしょうか」と、復帰を歓迎しています。
また、バーリン役のケン・ストットについては、「わたしとフランは長いことケンの仕事のファンでした。彼が今回わたしたちの“旅”に加わったことに、とても興奮しています」とコメント。またミカエル・パーシュブラントの参加については、「ビヨルンという役柄は非常にアイコニックな存在で、わたしたちはまず最初にミカエルを選びました。(オーディションで)彼がこの役を演じるのを見てから、ミカエル以外の誰かがビヨルンを演じるなんて、想像も出来なくなりました」と絶賛しています。
それでは、前回までに倣って、キャストのプロフィールを簡単に紹介していきますね。


■ガラドリエル
ケイト・ブランシェット(Catherine Élise Blanchett)
1969年5月14日生(41歳) オーストラリア ビクトリア州メルボルン出身
〔出演作〕『エリザベス』(1998)、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作(2001-2003) 、『アビエイター』(2004)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)、『ロビン・フッド』(2010)他


*メルボルン大学メソジスト女子カレッジで美術史と経済学を専攻するも中退。1992年オーストラリア国立演劇学院を卒業した後、舞台女優として俳優のキャリアをスタートさせました。
1994年に『Police Rescue』で映画デビュー。1997年公開の『オスカーとルシンダ』のヒロイン役で国際的な評価を得、海外にもその名を知られるようになりました。
『エリザベス』で英国アカデミー主演女優賞及びゴールデングローブ主演女優賞受賞、『アビエイター』ではアカデミー助演女優賞受賞他を受賞するなど、美貌と演技力を兼ね備えた実力派女優として誉れ高く、2008年12月5日にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれたのは記憶に新しいところです。


■バーリン
ケン・ストット(Ken Stott)
1955年生(55歳) スコットランド エディンバラ出身
〔出演作〕『Takin' Over the Asylum(TV)』(1994) 、『メサイア(TV)』シリーズ(2001-2005)、『キング・アーサー』(2004)、『カサノバ』(2005)、『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(2008)他


*エディンバラで教師の息子として生まれ、青年時代の3年間はKeyholeと呼ばれるバンドのメンバーだったこともあるそうです(残りのメンバーには後に、かのベイ・シティ・ローラーズの一員となった者もいるとか!)
その後芝居に目覚め、ロンドンのMountview Academy of Theatre Artsで演劇を学んだ後ロイヤルシェークスピア劇団で働き始めました。しかし、数年間は役者としての収入では生活出来ず、二重ガラスのセールスマンなどで生活費を稼ぐ時期もあったそうです。
1977年、BBCのTVシリーズ『Secret Army』の脇役でTVデビュー。主にTVドラマでキャリアを重ね、2001年から放映され人気を博した犯罪ドラマ『メサイア』シリーズのレッド・メトカーフ警部役で特に有名です。
映画への出演も多く、最近では『カサノバ』のダルフォンソ役を、また『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』では「松露とり」の声を務めました。


■茶のラダガスト
シルヴェスター・マッコイ(Sylvester McCoy)
1943年8月20日生(67歳) スコットランド ダヌーン出身
〔出演作〕『ドラキュラ』(1979)、『Big Jim and the Figaro Club (TV)』3部作(1979-1981) 、『ドクター・フー』(1987-1989)、『The Academy』(2009)他


*少年時代は聖職者を志し、アバディーンの神学校で12~16才までの4年間を過ごしました。ドミニコ会の修道士となることを希望するも若過ぎることを理由に断られ、地元ダヌーンのグラマー・スクールに入校。卒業後27才までは保険会社で働きました。その後、ロンドンのラウンドハウス劇場でチケット売りと帳簿作成の仕事を得たことが、彼と演劇とを結びつけることになりました。
芝居に魅せられたマッコイは、コメディ集団ケン・キャンベル・ロードショーに参加。「シルヴェスター・マッコイ」の芸名は、サーカスで演じた即興劇におけるの架空のスタントマンの名を、評論家が彼の名前と思い込んで報じてしまったのを、面白がってそのまま使うことにしたのだとか。
イギリスの天才女性舞台演出家で「現代演劇の母」と呼ばれるジョアン・リトルウッドの舞台の前座を務めたことから彼女の目に留まり、これが本格的な舞台進出への足掛かりとなりました。
国立劇場での『ハーメルンの笛吹き男』他、多数の舞台劇やミュージカルに出演。1987年にはBBCの人気TVシリーズ『ドクター・フー』の7代目ドクターを演じて、イギリスはもとより国際的に名前を知られるようになりました。
[キャスト公式発表第3弾!ケイト・ブランシェット、ガラドリエル役で復帰!!]の続きを読む

PJ、3部作のスター復帰を認める

2009年12月10日 18:07


ピーター・ジャクソン監督はMTVのインタビューに答えて、LotR3部作に出演したスターたちのうちの何人かを『ホビットの冒険』に復帰させる意向であることを認め、具体的な俳優たちの名をあげました。

「2000歳になる魔法使いのガンダルフは、その頃には既に存在していて、『ホビットの冒険』では重要な役を演じるんだ。僕たちは、イアン・マッケランを繰り返し起用するよ。
他にも3部作に登場した2~3のキャラクターが戻ってくる。ヒューゴ・ウィーヴィングが演じたエルロンド、それに、可能性としてはケイト・ブランシェットが演じたガラドリエルだね。
彼らはエルフだから、中つ国では不老不死の存在だ。僕たちは(エルフ役の)彼らにシナリオを見せることから始めるつもりだよ。読んでもらえる“公式シナリオ”がないことには、キャスティングにおけるどんな公式手続きも始められないからね」

また、3部作に出演した他のスターたちについては、

「いくつかの点で、この物語は前日譚なんだ。『ホビットの冒険』の世界は『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前という設定でトールキンは書いたんだよ。だから他の多くのキャラクターは、実際のところあまり重要じゃないんだ。まだ存在していなかったんだからね」

と述べるに留まり、フラッシュバックや夢のシーケンスなど、あらゆるハリウッド的映画手法をもってしても、その登場の可能性は低いようです。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。