スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サー・ピーター・ジャクソン、ニュージーランド地震で援助申し入れ

2011年02月25日 08:32


大きな地図で見る

ニュージーランド南島クライストチャーチで22日に起きたマグニチュード6.3の大地震から今日で4日目。
現地では24時間態勢で必死の救出作業が続けられていますが、サー・ピーター・ジャクソンと『ホビットの冒険』制作チームは23日、ニュージーランドの同胞と全ての被災者のために、出来る限りの実際的な援助を提供していくつもりであることを表明しました。 【Source: The Hollywood Reporter (2月22日付)(2月23日付)


「『ホビットの冒険』に携わっている誰もが、今回の地震と、それが齎した破壊的な影響に大きなショックを受けて悲しんでいます」とジャクソン監督はハリウッドレポーター誌に語りました。
また彼は、役者やクルーの何人かは、クライストチャーチの出身だと言い、「彼らを支えるために、出来ることの全てをしています」とも言いました。
加えて彼は、プロダクションが既にニュージーランド政府防災省及び危機管理局とコンタクトを取っていることを明らかにしました。
「わたしたちが出来るどんな方法であれ、実際的な援助や支援を準備すると申し入れました。わたしたちの思いと祈りは、クライストチャーチと、この恐ろしい悲劇に打ちのめされた全ての人々と共にあるのです」

地震発生の翌日、被災地の多くのニュージーランド人と外国人は、クライストチャーチから『ホビット』制作の本部が置かれているウェリントンを含む、NZ国内の別の都市まで避難する準備をしていました。
WETAワークショップのスポークスマンは、その夜ウェリントンへ非難する人々のために、地震救済基金への寄付と共に衣類を提供していると語りました。
「当然、わたしたちの思いはカンタベリー(*NZ南島中央部の地方。クライストチャーチはその最大都市)を含む全ての被災者の方々にあります。もっと何か出来ることがあればと願っています」

また『ホビットの冒険』を始め、NZ各地で撮影されている(又は予定の)映画の制作状況ですが、同誌の問い合わせに対してFilm New Zealand(*1)及びNew Zealand Film Commission(*2)は、映画やテレビ作品への影響は報告されていないと答えています。

Film New Zealandの最高経営責任者Gisella Carr氏は、南島最大の都市の中心部が、恐ろしい破壊状態にあるのを見るのは大変衝撃的であると語りました。
「わたしたちは全てのニュージーランド人と世界の人々と心を共にし、クライストチャーチの悲惨な地震で被災された人々と、その全ての関係者に心からの同情を申し上げます。
問い合わせに関しまして、わたしたちはニュージーランドで撮影されている国際的な映画やテレビ作品のいずれにおいても、地震で影響を受けたとは思っていません。それらはみな、カンタベリー地方から遠く離れた場所で制作されています。わたしたちの思いは、愛する者を失った人々と、昨日の地震によって、衝撃的な方法で人生の再構築を余儀なくされたカンタベリー地方の人々にあります」


(*1)Film New Zealand:主に海外からの映画誘致、地域FCへの支援、NZ映画の海外プロモーション等を行う政府機関
(*2)New Zealand Film Commission:主にNZ国内映画への制作資金提供と海外セールス等を行う政府機関
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。