スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シアーシャ・ローナン、『ホビット』に出演決定か!?

2011年01月30日 00:17


サー・ピーター・ジャクソン監督作品『ラブリー・ボーン』に出演し、その透明感溢れる美少女ぶりと確かな演技力が話題になったアイルランド出身の若手実力派女優シアーシャ・ローナン。
かねてから『ホビットの冒険』に出演の噂があった彼女ですが、先週 IFTN (The Irish Film & Television Network)の取材に答えたダブリン出身の女性キャスティング・ディレクター、ロス・ハバード氏の発言によりますと、シアーシャの起用はほぼ確実なようです…! 【Source: IFTN (1月27日付)】

ロス・ハバード氏とその家族は、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を始め、『ザ・コミットメンツ』(1991)、やアイルランドの人気TVシリーズ『テッド神父』(1995-1998)などの大ヒット作のキャスティングを手懸けてきた敏腕キャスティング・ディレクター(ファミリー)です。
ロスと彼女の夫ジョンは、かのオーランド・ブルームやケイト・ウィンスレット、それにジョナサン・リース=マイヤーズやコリン・ファレルなどのスターを発掘してきました。そして、ジョン&ロス夫妻の子供たち、ダンとエイミー・ハバードとそのチームも、『グリーン・ゾーン』(2010)や『ボーン・アルティメイタム』(2007)、『ダ・ヴィンチ・コード』(2003)や『アンジェラの灰』(1999)などの国際的ヒット作品のキャスティングを行ってきたのです。
IFTNのロス女氏へのインタビューの中から件の部分をご紹介しますと…。

IFTN 「あなたはピーター・ジャクソンの『ホビットの冒険』のキャスティングを終えたばかりとのことですが、それは『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のキャスティング同様、大規模な仕事だったのでしょうね?」

ロス・ハバード 「ええ、ジョンとエイミーと私とで取り組みました(でも、私はクレジットに登場しなくてもいいの。2人が出れば充分よ!)それは大きなイベントだったわ。でもLotR3部作ほどではなかったわね、前のシリーズと同じ出演者が多かったから。キャスティングの仕事はまだ少し残っているけど、既に俳優たちは皆、ニュージーランドへ出発したわ」

IFTN 「アイルランド人の大物俳優たちが映画に出演することになったのと、あなたたちチームがキャスティングを担当したという事実とは、無関係ではありませんよね?」

ロス・ハバード 「そうね、沢山影響している筈よ!わたしたちはずっとエイダン・ターナー(キーリ役)を映画で使いたかったけど、彼はとても多くのテレビに出演していて叶わなかったの。最終的にターナーに会ったとき、彼にこう言ったわ。『わたしたちは、あなたを映画に出演させることに専念するつもりよ!』って。その時は大したことだと思わなかったけど、これは彼にとってすごいことになると思うわ。それに、ジミー(ジェームズ・ネスビット/ボフール役)の起用にはとても興奮しているの。彼の家族は皆ニュージーランドへ出かけたわ。これは素晴らしいことよ。
ピーター・ジャクソンとの仕事は、まるで家族と働くみたいなの。だから彼らには素晴らしい時間が待っている筈よ。シアーシャ・ローナンの家族も向かうことになっているわ。(ジャクソン監督との仕事は)誰もがとても親密で、それぞれの仕事に対して深い愛情をもっているの。典型的なスタジオ映画とはまったく違うのよ」

という訳で、まだオフレコであった筈のシアーシャの起用を、うっかり(?)話してしまったハバード氏でありました。

当のシアーシャ・ローナン、1月11日に発表されたIFTA(The Irish Film and Television Academy:アイルランド映画&テレビアカデミー)賞のノミネートにおいて、『The Way Back』の演技で助演女優賞候補となりました。現在16歳という若さにも関わらず、同アワードでは主演・助演女優賞合わせて4年連続ノミネートの快挙となります。
しかし、1月19日に行われたIFTAのプロモーション会場で『ホビット』出演の噂について訊ねられた彼女は、「ええ、もし依頼があれば勿論出演したいです」 などとしおらしく答えていたのです。う~ん、流石演技派と言うべきか(笑) 【Source:RTE (1月20日付)】

気になる彼女の役柄についてですが、先日来お伝えしているように、映画版『ホビットの冒険』のオリジナルキャラクターである「エルフの女戦士イタリル」であるとの専らの噂です(*イタリルのキャラクターについては、拙Blogの2010年01月08日の記事をご参照下さい)
シアーシャの出演も配役も、まだ公式発表が行われていない以上推測でしかありませんが、ハバード氏の発言や彼女の容貌などを考え合わせると、かなり確実性の高い噂であると思われます。次の公式発表が待ち遠しいですね。


『ラブリーボーン』[DVD] (2010/07/02)
マーク・ウォールバーグ、レイチェル・ワイズ 他 商品詳細を見る
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。