スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 決戦のゆくえ』劇場版予告編公開

2014年11月08日 12:46

公開まであと1ヶ月余りとなった11月6日 10:00AM PT/ 1PM ET(日本時間7日午前3時)、待望の『ホビット 決戦のゆくえ』の劇場版予告編にして最終予告編が公開になりました。
ティーザー予告編や、シリーズ過去2作のどの予告編よりも壮大で重厚、そしてシリアスなトーンで描かれ、この作品がLotR3部作を含めた“中つ国伝説”の要であることを強調しています。




00:04 はなれ山のホールに座るビルボ
ビルボ「トーリン、あなたは皆に約束した」

00:12 燃え上がる湖の町〜バルドのUP
バルド「貴様がもたらしたのは、破滅と死だけだ」

00:20 崩れ落ちるドワーフの巨像
ビルボ(V.O)「はなれ山を手に入れたんだ、それで十分じゃないか」

00:29 エレボールを取り囲む軍勢を見るトーリン
トーリン「今や、それを守らなくてはならんのだ」

00:36 鎧姿のスランドゥイル
スランドゥイル「我が物を取り戻しにまいった」

00:39 (テロップ)“この12月…”

00:42 崖の上から、大軍の行進を見下ろすアゾグ
アゾグ(V.O)「これは首領が長い時間をかけた計画の、その最後の展開なのだ」

00:53 群れ飛ぶコウモリ〜レゴラスのUP
レゴラス「このコウモリたちは、ただ一つの目的のために殖やされた……戦のために」

01:03 白の会議の面々
サルマン「サウロンのことは、わたしに任せてもらおう」

01:07 (テロップ)“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”

01:09 はなれ山の砦を出ていくビルボ〜ドワーリンのUP
ドワーリン「ビルボは正しい。あなたは自分がどうなってしまったのか、分かっていないのだ。」

01:16 トーリンのMS〜キーリと額を合わせる
トーリン「わたしが為したことの全ては、彼らのためなのだ」

01:21 エレボールの城門を囲むエルフ軍〜ガンダルフとスランドゥイル
スランドゥイル「そなたがこれを始めたのだ。もしわたしがこれを終わらせることができたなら、そなたもわたしを許すだろう」

01:28 谷間の国の廃墟を見るドワーフたち〜ビルボのUP
ビルボ「死を目の前にして、いったい何ができる?」

01:38 湖の町の避難民〜トーリンに激しく訴えるキーリ
キーリ「隠れたりするものか、皆が俺たちのために、俺たちの戦を戦っているんだ!」

01:47 (テロップ)“中つ国伝説の 決定的な瞬間に 備えよ"

02:04 湖の町の屋根を這い上るバルド〜ガンダルフのBS
ガンダルフ「答えてはくれまいか。この日がどのように終わるのかを…!」

02:16 (テロップ)“『ホビット 決戦のゆくえ』"


……誤訳・珍訳はウチのブログの仕様ですので、ご容赦の程m(_ _;)m))
ところで、前回の更新(ティーザー予告編の紹介でしたね;)から3ヶ月以上音沙汰なしで本当に申し訳ありません。
映画化決定から7年間も『ホビット』シリーズの“映画化のゆくえ”を追いかけながら、最終章公開目前にして睡眠時間も十分にとれないほど忙しくなるとは…一事が万事人生におけるこのタイミングの悪さは、普段の心掛けの悪さか持ち前の悪運故か。
いずれにしてもこうなったら、いつか落ち着いた頃(いつだろう…老後かな?)に下書きのままで埋もれているニュースをまとめて、一ファンによる『ホビット』を「待ちて観たりし物語」として完成させたいと思っております。
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2014年6月

2014年06月30日 23:58

6月27日(金) *第40回サターン賞の結果発表。『ホビット 竜に奪われた王国』は美術賞を受賞。
 6月27日、カリフォルニア州バーバンクで、優秀なSF、ファンタジー、ホラー映画やTVドラマに送られるサターン賞の発表及び授賞式が行われました。
『ホビット 竜に奪われた王国』は、最優秀ファンタジー映画賞をはじめ、助演女優賞(エヴァンジェリン・リリー)、監督賞、脚本賞、美術賞、音楽賞、メイクアップ賞及び視覚効果賞の8部門にノミネートされていましたが、昨年に引き続き美術賞(ダン・ヘナー)のみの受賞となりました。
今回最多受賞となったのは、最優秀SF映画賞、主演女優賞(サンドラ・ブロック)、監督賞、編集賞、視覚効果賞の5部門を獲得した『ゼロ・グラビティ』でした。 【Saturn Awards.org】
6月26日(木) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット 決戦のゆくえ』の第1予告編を承認の噂。
 The One Ring.netのスパイレポートによれば、ピーター・ジャクソン監督は本日(6月26日NZ時間)、『ホビット 決戦のゆくえ』の予告編(ティーザー・トレイラー)にOKサインを出したとのこと。
勿論この後レーティング審査等を経て公開となるのですが、うまくいけば近々予告編がお目見えするかもしれないと報告しています。 【TORn】
6月10日(火) *ワーナー・ブラザーズ日本、『ホビット』第3部の邦題と公開日を発表。
 WB日本は、『ホビット』第3部の公開を12月13日(土)に決定と公式発表しました。これは、12月10日(水)から上映が始まるフランスやドイツなどのヨーロッパの国々に次いで早い公開となります(全米公開日は12月17日)
『The Hobbit: The Battle of the Five Armies』の邦題は、『ホビット 決戦のゆくえ』となりました。 【facebook(映画『ホビット』シリーズ)】
6月4日(水) *Weta Digital、『ホビット 竜に奪われた王国』のアニメーション・チームの舞台裏クリップ公開。 【YouTube(Weta Digital)】

6月3日(火) *アメリカ映画協会、『ホビット 竜に奪われた王国』エクステンデッド・エディションのレーティングをPG-13に指定。
 アメリカ映画協会(MPAA)は、『ホビット 竜に奪われた王国』のエクステンデッド・エディションのレーティングを、劇場版同様PG-13と指定しました。
評価の理由としては、「激しいファンタジーのアクション・バイオレンス、恐ろしい映像のため」となっており、『思いがけない冒険』のような、“つかの間のヌード”は(残念ながら?)含まれていないようです。 【ROPE of SILICON】


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。