スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2014年2月(更新中)

2014年02月11日 21:57

2月11日(火) *『ホビット 竜に奪われた王国』2月第2週末のアメリカでの興行成績は第20位に。
 世界同時公開から9週間、『ホビット 竜に奪われた王国』の本国アメリカでの週末の興行成績は、$688,196を記録して第20位となりました。海外の興収と合わせた合計はおよそ8億5千8百万。『ロード・オブ・ザ・リング(旅の仲間)』の記録8億7千万にもうじき手が届きます。 【Box Office Mojo】
2月8日(土) *第18回美術監督組合賞発表。『ホビット 竜に奪われた王国』は受賞逃す。
 2月8日夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにて、第18回美術監督組合賞の授賞式が行われました。『ホビット 竜に奪われた王国』は、ファンタジー映画部門にノミネートされていましたが、栄冠を掴んだのは同じワーナー・ブラザーズ作品『ゼロ・グラビティ』でした。 【Gold Derby.com】
2月5日(水) *タイム・ワーナー、『ホビット 竜に奪われた王国』や『ゼロ・グラビティ』等のヒットで、2013年第4半期の収益アップ。
 タイム・ワーナーは2013年第4半期の業績を発表し、ワーナー・ブラザーズ映画の『ホビット 竜に奪われた王国』や『ゼロ・グラビティ』、またテレビドラマシリーズ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』等のヒットもあって、85億6千万ドルの収益を上げ、昨年度の81億6千万ドルから4.9%の上昇となりました。ただし、純利益は出版不況などが影響して12%減とのことです。 【THE WRAP】
2月4日(火) *『ホビット 竜に奪われた王国』2月第1週末のアメリカでの興行成績は第15位に。
 世界同時公開から8週間、『ホビット 竜に奪われた王国』の本国アメリカでの週末の興行成績は、$1,235,102を記録して第15位となりました。
『竜に奪われた王国』の1月の興行収入は5180万ドル。第1部『思いがけない冒険』の昨年1月の興収は6570万ドルでした。第1部のアメリカでの総興収は3億3百万でしたが、現在の興収は2億6千万程度で、最終的には3億ドルに届かないものとみられています。 【Box Office Mojo(News)】 【Box Office Mojo(Weekend)】

*『ホビット 竜に奪われた王国』の日本公開劇場と上映形式が発表に。
 HFR3D上映は全国で46館、IMAXは16館、IMAXシアターで吹替え版が上映されないことがファンの間で物議を醸しています。 【Theaters】
2月1日(土) *『ホビット 思いがけない冒険』、第41回アニー賞でキャラクターアニメーション賞を受賞。
 2月1日、国際アニメーション協会(ASIFA)主催の第41回アニー賞の授賞式がロサンゼルスのUCLAロイスホールで開催され、『ホビット 思いがけない冒険』のゴラム(Weta Digital)が、“実写制作におけるキャラクターアニメーション賞”を受賞しました。 【COMINGSOON.net】
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。