スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』第3部タイトル変更 『ホビット 五軍の合戦』へ

2014年04月30日 03:24

4月24日、ピーター・ジャクソン監督が自身のfacebookにて、『ホビット』第3部のタイトルを、『ホビット ゆきて帰りし物語(The Hobbit: There and Back Again)』から『The Hobbit: The Battle of the Five Armies(ホビット 五軍の合戦)』に変更したことを、次のように報告しました。


“中にはいってたしかめる(Inside Information)”…。

『ホビット』3部作を作るぼくたちの旅は、いくつかの点でビルボ自身が辿った道--隠された小道を通って秘密を明らかにする旅のようだ。

『ゆきて帰りし物語(There and Back Again)』は、エレボールを取り戻す探求の旅を語る2部作の映画の後編には適切なタイトルに思えたんだ。ビルボはそこに “到着して” そして “帰って” いった。この両方とも第2部に含まれていたからね。
だけど3部作になったら、急に見当違いに思えてきたんだ。つまり、ビルボは『竜に奪われた王国』で、既にそこに到着しているんだよ。

昨年末の『ホビット 竜に奪われた王国』のプレミアツアーのとき、タイトルを変更する案について、スタジオ側と内々で話し合いをしたんだ。そのときは映画のカットを通しで見られる準備が整うまで、(結論を急がず)柔軟に考えようということになった。
先週、ついにその段階に到達した。そして映画を見た後、今や皆が完全に適切だと思える一つのタイトルがあることに合意したんだ。

そう、それが『The Hobbit: The Battle of the Five Armies(ホビット 五軍の合戦)』だ。

トールキン教授は、ビルボの冒険の全てを込める意図でもって『ゆきて帰りし物語』というタイトルをつけたから、将来『ホビット』3部作のボックスセットにそのタイトルが使われていたとしても驚かないでくれ。

ともあれ、その前に終わらせなくてはいけない映画も、皆と共有する沢山のこともある。
静かで快適なぼくたちの時間---ジャベス(・オルセン)とぼくにとっての、ウエリントンの暗い洞穴での幸せな編集作業---だけど、平穏で幸福な日々は早急に終わりに近づいている。もうすぐ光の中に踏み出す時間だ。今後数ヶ月の間で、『ホビット 五軍の合戦』について沢山のことを見聞き出来るだろうね。

それに、『ホビット 竜に奪われた王国』のエクステンデッド・エディションも最終段階だ。25分以上ある新しいシーンに、ハワード・ショアがオリジナルの音楽を作曲したよ。

楽しい年になるだろうね!

ファンには寝耳に水…と言いたいところですが、タイトル変更の噂はその1週間程前にネットに浮上しておりました。
TORn(The One Ring.net) のRinger Spy(映画の内部関係者やその知人など、こっそりTORnへ『ホビット』情報--かつてはLotR情報--を“垂れ込んで”くださる方々のことです)“Thrush”氏(中つ国ならずともこの鳥さんは情報通なようで…)の報告によりますと、ニューライン・シネマはその頃、『The Hobbit: Into the Fire』という新しいタイトルの登録を行ったとのことでした(原作の章タイトルで、映画の台詞にもある“Out of the Frying Pan, Into The Fire”を連想させますね)
このことから、既に発表済みのタイトル『The Hobbit: There and Back Again(ゆきて帰りし物語)』が変更になるのではないか、あるいは『ハリー・ポッター』のように最終章は前後編2本が制作されるのではないかと、様々な憶測が広まっていたのです(Source:TORn

勿論、スタジオが前もって複数の映画タイトルを登録することは珍しいことではありません。ただし、この時期にそれをするのは、ビデオゲームのタイトルに使用するかのではないかと推測する海外映画サイトの記事も多数ありました。根っこは原作厨な管理人、このときばかりはその見解を信じたかったのですが…。

しかし、PJがfacebookに記事を投稿する半日程前に、ワーナー・ブラザーズは、ホームレスや貧困家庭の支援をする慈善団体であるLA Family Housing(LAFH)のために、今年12月に行われる『ホビット』第3部のニューヨーク・プレミアのチケットをオークションに出したのです(Source:CharityBuzz
このとき、出品画像にあえてサブタイトルがないロゴ(下画像)を使用していたので、「ああ、変更は決定なんだな…」と密かに“覚悟”したのでありました。


7月に開催される恒例のサンディエゴ・コミコンで、ピーター・ジャクソン監督から何かしらの報告があるのではとTORnは締め括っておりましたが、PJは2部作から3部作への変更の発表を2年前の7月に行って、結果フィギュアなどのタイアップ製品を販売する会社に多大な迷惑をかけた前科があります。なので、「変更発表は来月前半!」と弱小ブログの管理人はへぼなりに推理したのですが…よもやその晩に発表があるなんて…!(やっぱりへぼでした)

ニューラインは『ホビット』シリーズの3部作化が決定した2012年7月時点で、その後第2部のタイトルとして発表された『The Hobbit: The Desolation of Smaug(スマウグの荒らし場)』と共に、『The Hobbit: The Battle of Five Armies(五軍の合戦)』を既に登録していました(Source:TORn)『The Hobbit: Into the Fire』が登録されたと伝えられる時期が、PJがfacebookで語っている「通しのカットを見て話し合った」時期とほぼ一致するということは、この2つのタイトルが最終案だったのかもしれませんね。
[『ホビット』第3部タイトル変更 『ホビット 五軍の合戦』へ]の続きを読む
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。