スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー~TORn編~(Part3)

2008年11月09日 13:34

Part3「僕はニュージーランドが大好きさ!」

(~Part2から続く)
アンソニー「映画“たち”(Movies)、分かりました。それで、う~ん・・・」
GDT「率直に言って、殆ど“映画(Movie)”と言ってしまいたい気分なんだ」
アンソニー「3部作が単独作品の扱いで・・・」
GDT「君が訊くならば、僕は3部作であっても“映画(Movie)”と答えるよ」

(管理人注:インタビュアーは、デル・トロ監督が、『ホビットの冒険』を含む2部作を、個人的には3部作とする構想をも持っていながら、契約通りに2本の映画にするつもりであると言っていること。しかもその2作品は、コンセプト的には「1本の映画(Movie)を作るつもりで」と、複雑怪奇な物言い(笑)をしている為、混乱しているものと思われます。そういうワタクシも、そして全世界のファンも同様ですが★)

アンソニー「少し話題を変えましょう。(>(^^;)
スマウグの強調と重要性とに戻りますが、『ダークナイト』(*2008米、監督:クリストファー・ノーラン)を御覧になったことと思います。IMAX用に撮られた場面がありましたね。『アバター』(*2009年末公開予定のジェームズ・キャメロン監督の新作。同監督が開発に携わった3Dカメラと、WETAのモーションキャプチャー技術を掛け合わせた最新技術が話題の野心作)と一緒に『ホビットの冒険』も3Dで撮ることを考えているという話をされたそうですが、そのことについてどんなことでも、話せることがあれば教えて下さい」

GDT「絶対的な確信をもって言うけど、それは所謂“茶飲み話(coffee chat)”というヤツで、公式に議論されたことじゃないんだ。あまりにも時期尚早だね。確かにそのことについては、ついでの話としてジム(ジェームズ)・キャメロンと議論したよ。でも、内部的な話でも、主要な技法の可能性として話し合ったわけでもないんだ」
(*IMAX及び3Dについての噂は、10月21日の記事でドゾ!)

アンソニー「既に開始された作業としては、ハワード・ショアが作曲を開始したと理解していますが、それで正しいですか?」
GDT「ああ、その通りだよ。僕は前に彼と会って、彼の長年に渡る仕事を賛えたところなんだ。だって、この世界観を継続していく上で最も重要なことを選ばなくちゃいけないとしたら、彼の続投は、最高に幸運なことのうちの一つだからね」
アンソニー「全くもって同感です。ところで、あなたと彼との打ち合わせは、どの範囲までなされたのでしょうか?脚本を部分的にでも見せたりしましたか?」
GDT「いやいや、脚本は僕たちが保持したまま、いろんな分野の人々を受け入れるのが最良の方法だと考えているんだよ。
例えばコンセプトデザイナーの場合で言えば、僕はジョン・ハウとアラン・リーの二人と、一対一で重要な話し合いの場を設けたんだ。会議の席で描かれたジョンのスケッチには内心感嘆したけど、未だなるべくどんなリアクションもしないように努めているんだ。彼らの好きなように何でも試してくれたほうが、ずっと素晴らしいものが出来上がってくると思うからね。それはハワードについても同じだよ。作曲のコンセプトはかなりはっきりしていると思うけどね。つまり、同じ世界観で統一されて、LotR3部作と繋がらなくちゃいけないってところでね」

アンソニー「それに、あなた自身が古い流儀の絵描きでいらっしゃる。ご自分でスマウグや他のクリーチャーを描かれないのですか?」
GDT「最近のことについて?ああ、描いているよ。以前は僕自身が自分のスケッチブックに描くということをあまり公言していなかったんだけど、最近はそれが出来るようになったからね。
これまでは僕の本の為には、アクリル絵具やアルコールマーカー(*インクにアルコール溶剤を使用したカラーマーカー。「コピック」や「ネオピコ」がそう)を使用していたけど、『ホビットの冒険』のスケッチには、全く違う技法を使っているんだ。
実は、4週間程前からイラストレーターになる為の独習を始めたんだよ(笑)それで、何回か個人授業を受けたんだけど・・・と言うのはね、基本を学ぶ必要を感じたからなんだ。実際僕は、ちゃんとアートスクールに通ったことがなかったんでね。そしてついに、『ホビット』の世界を表現するのに相応しい画材を見つけたんだ。僕はそれにすごく満足しているんだ。そして、僅かな時間を捻出しては描いているんだよ」
アンソニー「それがどんな画材か、教えて頂けませんか?」
GDT「僕はよく、水彩画としてアクリル絵具を水で溶いて使っていたんだ。他に幾つかグラファイト(*黒鉛を使った鉛筆など)や木炭を使ったものもあったね。それで、今回初めてパステルを試してみたんだ。トールキン自身が描いたイラストの多くは、水彩絵具や木炭、そしてパステルを使っていて、ビクトリア朝の雰囲気を醸し出していたからね。『ホビットの冒険』で僕が求めている要素がそこにあるんだ。だから僕はその技法を学びたいと思ったんだよ」
[デル・トロ監督インタビュー~TORn編~(Part3)]の続きを読む
スポンサーサイト

デル・トロ監督、『ホビットの冒険』と『フランケンシュタイン』について語る

2008年10月07日 19:59

「僕は、素晴らしい(Motherf***ing)『ホビット』を作ってるよ!」
我らがデル・トロ監督、今回は、ニューヨーカー・フェスティバルのトークショーで、マンハッタンにある全米監督協会にその姿を現しました!
『ホビットの冒険』を始め、メアリー・シェリー原作の『フランケンシュタイン』のニューバージョンを含む彼の将来のプロジェクトについての、大変興味深い講演がなされたようです。Comingsoon.netの記事から、その概要をお伝えいたしますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

『ホビットの冒険』のプロジェクトが本格始動したばかりですが、デル・トロ監督は、アイデアを寄せ集め、彼独自のユニークな中つ国のビジョンを概念化する為に、彼の脳に“給電する”方法について、こんな話をしました。

「朝にはそれを書き上げるために、自制しなくちゃならないと分かっていても、午後には関連がありそうなものを見て、脇道に逸れてしまうって事があるよね。
例えば、僕は『ホビットの冒険』について熟考しようと思う時、不思議なことに、第一次世界大戦のドキュメンタリーを読んだり見たりするんだ。何故なら、『ホビットの冒険』は、第一次世界大戦に接して、戦場で全ての価値基準の崩壊を目の当たりにするという失望を経験した、トールキンの世代の体験から生まれた本だと信じているからなんだ。
ピータージャクソンは、そうした歴史的瞬間のファンで、第一次世界大戦を記憶する品々の偏執的なコレクターなんだよ。彼は戦闘機や戦車、大砲、そして戦艦の、実際に使用可能な実物大のレプリカを持っているんだ!それから、その時代の軍の、およそ120の兵士の制服の凝ったレプリカも持っているんだよ。
僕は彼に、どの本がお薦めか訊いたんだ。だって僕は、『銀河伝説クルール』も『ダーククリスタル』も観ていないから、物語についての自分独自のアプローチの方法を見つけなくちゃならないからね。皆が考えつかないものを見ること、それが『パンズ・ラビリンス』や『デビルズ・バックボーン』の時と同じ、僕のやり方なんだ」

「生涯ずっと、僕はドラゴンに魅了され続けてきたんだ。僕は中国の竜(ドラゴン)の印の下に生まれてきたのさ(*1964年生まれのデル・トロ監督は、干支が“辰”であるということを言っているらしいです)。今までもずっと、ドラゴンをコレクションしてきたんだよ。
それは強力なシンボルなんだ。『ホビットの冒険』の背景で、全ての物語を通してその影は投げかけられている。基本的にスマウグは、実に多くのことを象徴しているんだ。貪欲や傲慢・・・結局彼は“偉大なる”存在なのさ。
スマウグが投げかける影が表現されなかったり、一つの場面に限ってのことじゃダメなんだ。彼はそれら全てのことの具象化でなくちゃならないんだ。スマウグは台詞のある非常に重要なシーンを持っているドラゴンの数少ない一匹だからね。すごく美しい対話シーンがあるんだ!
デザインについては、僕たちが最終的に承認するスマウグのデザインは、最初に試みたそれになると、かなり確信しているよ。スマウグがどんなふうに見えるかは、結論を出す前に隅々まで検討されなくてはならない問題であることは明らかだ。何故なら、彼の外見は、彼がどのような存在であるかを雄弁に語るからね」

彼が2012年に2本の『ホビットの冒険』の映画を完了した後、桁外れに楽観的な(>原文のまま(^^;)デル・トロ監督には、2017年まで専念しなくてはならない、『ジキル博士とハイド氏』の新しいバージョンを含む多くの仕事が待っています。
そして、長期間に渡って延期されたラヴクラフトの『狂気山脈』の映画化や、ちょうど最近発表されたばかりの吸血鬼小説の3部作(*9月26日の記事をご参照下さい)、それから、ギレルモ版フランケンシュタインのプロジェクトもあります。
[デル・トロ監督、『ホビットの冒険』と『フランケンシュタイン』について語る]の続きを読む

超売れっ子監督ギレルモさん、2017年まで大忙し!

2008年09月10日 19:50

現在、カンヅメになって?『ホビットの冒険』2部作を執筆中・・・の筈のギレルモ・デル・トロ監督ですが、その後のスケジュールについても、何と4本の作品でユニバーサルと契約を結んだとのことです。(Source
名のある監督であっても、次回作は未だ決まってないなんてこともよくあるこの業界で、2017年まで契約済の超売れっ子状態なのであります(>う、羨ましい…★)

勿論、同監督の最優先事項はニューラインとMGMの共同製作である『ホビットの冒険』2部作ですv(^-^)v
『ホビット』の監督として大抜擢された前年の6月に、デル・トロ監督とユニバーサルは3年間のファーストルック契約を結んでいました。

「誰も『ホビットの冒険』が僕に回ってくるなんて思ってなかったんだ。これは僕の人生に投げ込まれた最も素晴らしい“障害物”だよ」と、デル・トロ監督。
「僕は、ユニバーサルでの“婚姻の誓い”の更新を尊重するよ」

今回契約を交わした4作品のうちの3本は、ユニバーサル作品のリメイク企画で、『フランケンシュタイン』(1931年製作、監督:ジェームズ・ホエール)、『ジーキル博士とハイド氏』(1932年製作、監督:ルーベン・マムーリアン)、そして、カート・ボネガット原作によるSF映画『スローターハウス5』(1972年製作、監督:ジョージ・ロイ・ヒル)です。
もう1本は新作も新作、ダン・シモンズ原作による2009年出版予定(!)の『ドルード(Drood)』とのこと。こちらは、チャールズ・ディケンズの絶筆となった『エドウィン・ドルードの謎』をモチーフにしたゴシック・ホラーとのこと。この新作が中つ国を離れたデル・トロ監督の次回作になるようです。

「激しいやりとりの後、ギレルモとはより深い絆で結ばれると共に、長期契約を交わすことが出来ました」とは、ユニバーサルの製作を統括するドナ・ラングレーの弁。
「今彼は人生で最も多産な時期にいます。『ドルード』は彼にとって、快適な仕事となるでしょう。今から5年後(『ホビット』2部作終了後)、映画作家として更に成熟したギレルモには、最適の作品だと信じています」

4本の作品に加えてユニバーサルは、ラヴクラフト(ギレルモ監督の得意分野)の『狂気山脈』の映画化にも、デル・トロ監督との契約を考えているとのこと。
他にも、マーク・ ジョンソンと共にプロデューサーとして参加する、ディビッド・ムーディ原作の『Hater』や、『ミミック』の原案をつとめたマシュー・ロビンスと再び組んだゴシックロマンスの『Crimson Peak』(こちらもプロデューサーで)、そして勿論、『ヘルボーイ3』も待ち構えているとあって、デル・トロ監督、当分超超大忙し&ユニバーサルとの“婚姻”関係は、深く長~く続きそうであります。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。