スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督が手掛ける、ダークな『ピノキオ』!?

2008年11月23日 23:03

PinocchioPinocchio
(2002/10/04)
Carlo Collodi

商品詳細を見る

こちらも『ホビットの冒険』の映画化とは直接関係ありませんが、今後映画の進展を語る上で、デル・トロ監督の他のプロジェクトは必ず話題に上ることになりますからUPしておきますね。

“世界で最も忙しい監督”と言われているデル・トロ監督ですが、今度はイタリアの作家、カルロ・コッローディが1883年に発表して以来、100年以上に渡って子供たちに愛され、また、多くのクリエイターの感性を刺激してやまない『ピノキオ』のアニメーションの制作総指揮を務めることが明らかになりました。

Bloody Disgusting.com.の伝えるところによりますと、ジム・ヘンソン社の代表ブライアン&リサ・ヘンソン、そして副社長のジェイソン・ラストが制作を務め、2002年に発行されたグリス・グリムリー版『ピノキオ』(*まぁ、上の画像をご覧下さいませ。ビューティフル!)のフルストップモーションアニメ化を目指します!監督には同作品のイラストレーターであるグリムリーと、アダム・パリッシュ・キング。
さて、そのギレルモ版ピノキオがどんなお話になるかというと、彼曰く、

「誰でも『ピノキオ』のお話が大好きだけど、原作はある特定な側面に関して言えば、はるかにひねくれて気味の悪いネクロフィリア(死体愛好症)な感じがあるよね。グリスの仕事は確かに原作の特質をよく表しているし、そのオリジナルの不気味さこそが、僕たちがやりたいことなんだ」

脚本はグリス・グリムリーとデル・トロ監督との共同執筆となり、今すぐ取り掛かることが出来たとしても、3年はかかるとのこと。公開は当分先のようですね。
「実物大のパペット世界は時間がかかるからね」とは、デル・トロ監督のジョーク。
最優先の仕事は『ホビットの冒険』としながらも、監督の創作意欲はとどまるところを知らないようであります。
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。