スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー~Premiere編~(前編)

2008年09月08日 23:57

こちらも一ヶ月程前の記事になりますが、デル・トロ監督のお気に入りの映画作家や、幼年時代のエピソードなど、ファンにはなかなか興味深い内容となっております。
Premiere.comでサイト4頁に渡って掲載された、ちょっと長めの特集記事ですので、前後編でお届け致しますねー(^-^)/

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

“mensch(*ドイツ語の「人間」)”に相応するスペイン語は何か?

それは、ドイツ語に由来するイディッシュ語で、“賞賛に値し、高潔で、確固とした目標を持った者”である(*米の話言葉では「立派な人」の意とか)。

この質問は、『ヘルボーイ』及び『ヘルボーイ2:ゴールデン・アーミー』で、官僚トム・マニングを演じた映画スター、ジェフリー・タンバーから発せられました。彼はそれが、ギレルモ・デル・トロ監督を語る上で最も正確な表現であると言います。
「彼は非常に強い男だ」とタンバーは説明します。「己の望むものに対して、強い意識を持っているんだ」

デル・トロの望みが新進気鋭の映画作家として認識されることであるならば、その使命は達成されたとみなされるべきでしょう。
20年以上前に処女作『Dona Lupe』の脚本を書いて自ら監督し、1993年には『クロノス』でカンヌ映画祭の最高の賞を獲得。そして、最近発表した数々の映画で、世界的にその名を知られるようになったのですから。

2001年の『デビルズ・バックボーン』はアートシアターで大評判となりましたが、彼をコミックファンの間だけではなく、本当に有名にしたのは『ヘルボーイ』でした。
2004年に公開されたこの映画の製作費はおよそ6600万ドルでした。それに対して米国での興行収入は5900万ドル程度。とても『スパイダーマン』タイプの作品ではありません。
それでも、かなりの海外収益に加えてDVDの売り上げも良好で、フランチャイズの可能性を証明するに充分な理由をユニバーサルに与えました。
デル・トロ監督によれば、『ヘルボーイ2』の製作費は8500万ドル。7月11日全米公開予定の夏の超大作の興収は高めに想定されています。

一部の監督は続編を嫌いますが、デル・トロ監督は彼らとは違います。
「振り返ってみれば、最初の『ヘルボーイ』では違うことをやれたせいで、いろんな発見が出来たんだ。僕はこの世界に再び戻ってこれて満足だよ。もし観客が、二つの映画を一緒に観るとしたら、それぞれまったく異なった物語であるほうがいいと思うんだ」と彼は言います。
「僕はキャラクターと、魅力的なアクションのシークエンスにもっと時間を使いたかったんだ。一作目も型通りのアクションがあるにはあったんだけどね。クリーチャーは素晴らしかったが、充分に生かしきれていなかったね。最初の映画は、可能な限りコミックに忠実でありたいと思っていたんだ。だけど、振り返ってみれば、この作品が僕のインプリント(*出版社や発行者を記したラベル)とされるのなら、僕自身の楽しみも若干あっていいんじゃないかって思えたんでね」
[デル・トロ監督インタビュー~Premiere編~(前編)]の続きを読む
スポンサーサイト

An Unexpected Party で語られたあんなことこんなこと!~最終回~

2008年07月12日 21:58

チャット開催日から何と1ヶ月半。あまりといえばあまりな遅筆ですいません★
ソースも忘れそうですよね。えっとコチラです(^^;
ライブチャット最終回、デル・トロ監督の冗舌ぶりをご堪能?下さい!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

GDT「『ヘルボーイ2』の美学は完全にモダンコミックのポップとカラーの飽和だが、僕は2年間を妖精やエルフ、それにトロル等の世界を構築することに費やしたんだ。2年のキャリアのどんな創作上の決断も、『ホビットの冒険』に繋がることを優先してきたんだよ。僕はPJやフランに会う前に『ホビット・・・』のシナリオを書いていたよ。言い換えるなら、過去6年のキャリア(『パンズ・ラビリンス』と『ヘルボーイ2』を挟んで)を妖精やフォーン、オーグやトロル、そしてエルフが棲むファンタジーの世界を作り上げることに捧げてきたんだ。

そういった意味で、それら独自の世界からの働きかけがある時には、僕は“ファンタジーの人”だと思う。ジュラ紀(*自分にとってその位過去の位置付けという監督のジョーク)に『クロノス』(1993) でカンヌ映画祭批評家週間グランプリを受賞した時には、僕は“アートシアター系の人”だった。巨大ゴキブリ映画(*『ミミック』(1997)のこと。 ギレルモ監督のハリウッドデビュー作)との二作品で充分な手応えを感じた後、共同制作で撮った『デビルズ・バックボーン』(2001) で、僕は再び“アートシアター系の人”とされたんだよ。その後『ブレイド2』(2002) を撮った時には、人々は僕を“アクションの人”とみなしたようだ。
PJだって、『乙女の祈り』(1994) 、『バッド・テイスト』(1989)、『ブレインデッド』(1992)等々、移り気な経歴を通過していったじゃないか。僕は僕に付けられたタグと自分自身がかけ離れていることがきまり悪いし、『パンズ・ラビリンス』と『ヘルボーイ2』、そして『ホビットの冒険』の後には、“ファンタジーの人”と呼ばれるのは避けたいね。

僕は物語を語るのが好きだ(バーンズ&ノーブルで扱われている本か否かにかかわらずね)。そして、『ホビットの冒険』が大好きなんだ。(*バーンズ&ノーブル〈Barnes & Noble, Inc.〉:アメリカ最大の書店チェーンであり、最大の専門小売店)
僕は人生のうちの5年間を存分にこの仕事に捧げて、このとてつもない世界を動かしたいと思っているんだ!」

PJ「ほんの数年前にLotR3部作を監督して、この世界を映像化することに、僕の心と魂とを全て注ぎ込んだと本当に感じたんだ。でも、僕自身が『ホビット…』を撮ることは、現在抱えている映画と板ばさみになって、満足いかない5年間を過ごすことになると思ったんだ。
けれども、僕はトールキンが大好きで、僕たちが作った映画をとても気にかけているんだよ。だから同じような情熱を持たない誰か他の人間を選ぶことなんて出来なかったのさ。脚本家でありプロデューサーであることは、僕にとってこの仕事に関わる完璧な手段なんだ。
ギレルモは監督の最高責任を負う。そうすることで、2本の映画を違う感覚で撮り易くなるだろう。手っ取り早く言って、彼は僕とは違う人間なんだし、彼は独自の展望でもって新しいアイデアを出していくことだろう。
僕を信じてくれ。僕は長い間、一生懸命このことについて考え続けてきたんだ。僕たちはもう動き始めている。そして良い映画で終わることを約束しよう!」

PJ「さて、終わりの時間も近づいたところで、前もって数千の人々から寄せられた質問の中から、最も人気があった質問にいってみようか!」
[An Unexpected Party で語られたあんなことこんなこと!~最終回~]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。